荻野由佳、大森靖子、阿部かれん、Negicco……胸に焼きついた“TIFでしか見られない景色”

荻野由佳、大森靖子、阿部かれん、Negicco……胸に焼きついた“TIFでしか見られない景色”

大森靖子

 SMILE GARDEN(TIF×SUMMER SONICコラボレーション企画)

 これまでTIFに何度も出演している大森靖子ちゃん(私は2014年にスクール水着姿の靖子ちゃんと2ショットチェキを撮りました)が、満場の期待を受けて一曲目に奏でた「IDOL SONG」。様々なアイドルの「自己紹介フレーズ」が並べられた歌詞を、この世界最大級のアイドルフェスティバルで轟かせる様に、冒頭から号泣。

大森靖子「IDOL SONG」Music Video

 彼女と縁の深いアイドルたちが、ステージ横で振りコピしたり一緒に歌いながら見ている姿も可愛らしく、そのテンションのまま「ミッドナイト清純異性交遊」でアップアップガールズ(仮)の関根梓さん・古川小夏さん・佐保明梨さん3人が乱入するという、わちゃわちゃ楽しい光景も見られました。

 ライザップコーナーで観客にスクワットさせたり(これが膝に結構きました)、コールアンドレスポンスで「自分のことだ! と思ったら歌ってください」と言ってから「おっさん」「DD」「ピンチケ」と呼びかける靖子ちゃん。「ここのお客さんは絶対に打ち返してくれる」という、強い信頼を感じました。

 そして、初めてTIFでの靖子ちゃんのライブを目撃した時、それまでのコールやMIXの大騒ぎから、ライブが始まった瞬間に水を打ったような静けさになったこと、それは決して盛り下がったからではなく、いま鳴る音をすべて聴き取ろうとする真剣な態度が静けさを生み、胸の中では滅茶苦茶盛り上がっているということが伝わってきて、「最もその場にふさわしい盛り上がり方」が即座にできる、アイドルオタクの対応力の高さに、衝撃を受けたことを思い出しました。

 一曲目からラストの「死神」までずっと、こんなにもむき出しで、命そのものを掻き鳴らす姿に只々涙を流し、涙と汗でだいぶ水分が失われましたが、それが生きているということ。超生きている時間でした。

amiinA

 SKY STAGE

 空の雲が段々と夕陽に染められてゆくマジックアワーのSKY STAGEに降り立ったamiとmiyuは、1年前にこの同じステージで見た姿から着実に成長し、風景を味方につける表現力が増していました。

 曲が進むにつれて刻々と変わってゆく雲の色と形に、音楽と、2人のパフォーマンスと、空の色と風の心地良さ。全てが完璧に溶け合い、観客を幻想の世界に連れて行きました。

 ラストの「I’m home」で歌われる「うちへ帰ろう」、そしてピアニカの切ない音色が、灼熱の3日間もいよいよ終わりに近づいていることを告げ、終わらないでほしいとどんなに願っても時間は残酷に過ぎてゆき、だからこそ空の色の美しさも音楽の素晴らしさも感じることができるのだと、amiinAのステージが教えてくれていました。

amiinA『Canvas』Live ver.

Negicco

 SKY STAGE

 暑すぎた3日間、最終日のSKY STAGEのトリはNegicco。屋上ステージの背景は、いつの間にか陽が落ちて煌びやかな灯りが一面に広がる湾岸の夜景。ヒット曲や盛り上がる曲をあえてやらず、新しいアルバム『MY COLOR』からの曲を中心としたセットリストに。

Negicco Fourth Album「MY COLOR」 Teaser Movie

 Negiccoの、このステージへの強い思いが感じられたMC「TIFに何度も出演していく内に、SKY STAGEのトリをつとめてみたいと思うようになりました」「本当に、夢の国に来ているみたい」。そして「この景色、みんな私たちのものですよ!」と、Naoちゃんから素敵な言葉が溢れ出しました。

 TIF3日間の締めくくり、SKY STAGEラストとなる「雫の輪」では、「この夜景と共にゆったりと楽しんで。座って、のんびりと聴いてください」と声をかける最高の計らい。それまでスタンディングだった観客は体育座りやあぐらをかいたり。ステージとそこに広がる夜景、冨田恵一氏の提供した穏やかで力強い、Negiccoなりの歩み方を示した愛と人生の曲、そして歌詞の一言一言を丁寧に届けるように歌われた3人の声。これまで何度も来ていたSKY STAGEで、あんなピースフルな空間は初めてでした。

 屋上のコンクリートは昼間の熱を吸って、夜の帳がすっかり下りたこの時間でもホカホカと温かく、それはまるでこの3日間の熱さがまだ身体に残っている私たち観客のようでした。

 スタッフの人までも笑顔になり、お客さんとスタッフがお疲れさまー! と声を掛け合う、Negiccoだからこそ作ることができた、あたたかい空気感でした。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる