MOROHAの音楽は強烈に“自分と向き合わされる”ーー行定勲監督務める「革命」MVを見て

MOROHAの音楽は強烈に“自分と向き合わされる”ーー行定勲監督務める「革命」MVを見て

 MOROHA「革命」のMVが公開された。6月6日リリースの、過去10年間の代表曲12曲を再レコーディングしたメジャーデビューアルバム『MOROHA BEST ~十年再録~』に収録された曲で、オリジナルバージョンは2013年11月に、当時所属していた<ROSE RECORDS>からリリースされた2ndアルバム『MOROHA Ⅱ』に入っている。

 アレンジ等は大きく変わっていないが、時制に合わせて歌詞がちょっと直されたりしている(自分の歳が「俺たち今年もう26だぜ」が「30だぜ」になっている)。4月からテレビ東京金曜深夜でオンエアされている、真利子哲也監督のドラマ『宮本から君へ』のエンディングテーマになっている曲だ。

MOROHA「革命」MV(監督:行定勲 MOROHA BEST〜十年再録〜より)

 MVを撮ったのは行定勲。どういう内容のMVかについては、クリックして観ていただければすむので具体的に説明はしないが、ひとつだけ書くなら、8割がライブシーンの再現であるこの作品で行定勲がやりたかったことは、「MOROHAとMOROHAの音楽が刺さった人の可視化」ではないかと思う。

 つまり、行定監督自身が、MOROHAをこんなふうに聴いている、ということを、立場を青年期の男女に置き換えて、そのまま映像にしたのだと思う。

 では、その「こんなふうに聴いている」ということの具体的な内容について。以前にもこのリアルサウンドで書いたが(こちらです)、聴くことによってその人が「MOROHAと向き合う」のではなく「自分と向き合う」ことになる、そういう聴き方だ。

 「アフロはそうなのか」ではなく、「自分はどうなんだ」。自分が自分の中で棚上げにしていることや、うやむやにしていることや、あきらめていること。己の怠惰な部分、ずるい部分、言い訳がましい部分、みっともない部分。それらすべてに、否応なしに向き合わされてしまう音楽である、ということだ。

 だから楽しくないし、気分よくもない。よって、合わない人は徹底的に合わないだろうが、音楽の魅力は楽しく気持ちよくさせてくれることだけではないことを知っている人には、徹底的に刺さることになる。

 MOROHAに限らず、すぐれたポップミュージックにはそういう、「受け手が自分と向き合うことになる」作用があるがーーいや、映画でも文学でも演劇でもそうだから、すぐれた表現にはそういう作用がある、と言った方がいいか。

 とにかく、それを、誰よりも最短距離で、最速で、ダイレクトに聴き手にもたらすのがMOROHAだ、ということだ。いや、その「誰よりも最短距離で最速でダイレクトに自分と向き合わせる音楽」を実現するために、あの「リズムもメロディも排して、一緒に歌ったり踊ったりできない状態にして、語りとアコギだけで音楽をやる」というスタイルを開発したんじゃないか、という気すらしてきた、書いているうちに。なるほど。自分で納得してどうする。

 くり返すが、だからMOROHAはダメな人は徹底的にダメだろうが、ハマった人はとんでもないのめり込み方をすることになる。MOROHAが地上波のテレビ等でも取り上げられるようになったのは、生田斗真や東出昌大などの著名人が絶賛したのがきっかけだったことはよく知られているが、それも、その「とんでもないハマり方」のわかりやすい表れだと思う。ちなみに、MOROHAが強烈であるがあまり、それを真剣に推す生田斗真や東出昌大に対して「そうか、MOROHA好きなのか。そういう人なのか」というふうにこちらの認識が変わる、というのもあります。平たく言うと「世間から見えてるよりも、弱い部分がある人なんだな」というか。それは平たく言いすぎ。でも、こちらが親近感を持ったことは事実です。あちらが持たれてうれしいかどうかはともかくとして。

  このMVと『MOROHA BEST~十年再録~』でメジャーレーベルに籍を移したMOROHAが、これからどうなっていくのか、そのドキュメントを楽しみにしている。それも前にリアルサウンドに書いたが(しつこいがこちらです)、他のバンドとはあきらかに異なる「どうなっていくのかが楽しみ」だ。

 あとひとつ。このMVを行定勲が撮ったことにしろ、真利子哲也がドラマのエンディングに起用したことにしろ、松居大悟が『アイスと雨音』にMOROHAを出演させたことにしろ(ライブシーンが何度があるのですが、この映画もいろんな意味ですごいです)、そうやって映像作家たちがMOROHAに惹かれていくのはなぜだろう。ということも、今後の展開を見守りながら、またいずれ考えてみたいと思います。

■兵庫慎司
1968年生まれ。音楽などのライター。「リアルサウンド」「CINRA NET.」「DI:GA online」「ROCKIN’ON JAPAN」「週刊SPA!」「CREA」「KAMINOGE」などに寄稿中。フラワーカンパニーズとの共著『消えぞこない メンバーチェンジなし! 活動休止なし! ヒット曲なし! のバンドが結成26年で日本武道館ワンマンにたどりつく話』(リットーミュージック)が発売中。

MOROHA『MOROHA BEST~十年再録~』

■リリース情報
結成10周年再録ベストアルバム『MOROHA BEST~十年再録~』
6月6日(水)発売
初回限定盤(CD+DVD):¥3,700(税抜)
通常盤(CDのみ):¥2,800(税抜)
MOROHA Zepp Tokyo単独ライブ 最速抽選先行シリアルナンバー封入
初回限定盤DVDには、エリザベス宮地監督によるドキュメンタリー作品「初恋」を収録。

<収録曲>
1.革命(テレビ東京ほか ドラマ25「宮本から君へ」エンディングテーマ)
2.二文銭
3.俺のがヤバイ
4.ハダ色の日々
5.恩学
6.奮い立つCDショップにて
7.勝ち負けじゃないと思える所まで俺は勝ちにこだわるよ
8.三文銭
9.tomorrow
10.バラ色の日々
11.スペシャル
12.四文銭

■ライブ情報
『MOROHA BEST~十年再録~』単独ツアー
7月15日(日)神奈川・F.A.D YOKOHAMA 開場18:00/開演19:00
7月17日(火)名古屋・CLUB ROCK’N’ROLL 18:30/19:30
7月19日(木)大阪・アメリカ村 CLAPPER 18:30/19:30
7月21日(土)広島・ヲルガン座 18:00/19:00
7月26日(木)高松・TOONICE 18:30/19:30
8月2日(木)いわき・Music bar burrows 18:30/19:30
8月4日(土)仙台・enn 2nd 18:00/19:00
8月5日(日)八戸・ROXX 18:00/19:00
8月9日(木)札幌・KLUB COUNTER ACTION 18:30/19:30
8月11日(土)福岡・Queblick 18:00/19:00
8月14日(火)長野・the Venue 18:30/19:30
8月16日(木)熊谷・モルタルレコード2階 18:30/19:30
8月24日(金)盛岡・the five morioka 18:30/19:30
8月26日(日)新潟・CLUB RIVERST 18:00/19:00
8月30日(木)京都・Live House nano 18:30/19:30
9月5日(水)沖縄・G-shelter 18:30/19:30

『MOROHA Zepp Tokyo 単独ライブ』
12月16日(日)Zepp Tokyo  16:00/17:00

全公演前売¥3,300 各プレイガイドにて販売中

■イベント情報
『MOROHA BEST ~十年再録~』発売記念インストアライブ
6月5日(火)20:00 開演 タワーレコード新宿店
※観覧フリー、アルバム購入者対象サイン会実施

MOROHAオフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる