>  >  > 乃木坂46生駒、3期生にアドバイス

乃木坂46 生駒里奈、3期生にアドバイス 「反省はして良いけど、自分のことは責めなくて良い」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 星野、3期生に続いて頂上に向かう生駒。「レコ大シングルよりもヒットさせるよ!」と意気込み、「(今後)登山部やるやらないにせよ楽しかったっす!」と歴史を振り返りつつ、無事に頂上にたどり着いた。生駒は「初めて山登ったメンバーもいるけど、ケガ無くとりあえず楽しく登れましたし、悔いはないですね!」と笑顔を見せ、全員で「20thシングル『シンクロニシティ』大ヒットしますように!」、さらに生駒の卒業後の活動についても「幸せでありますように!」と祈願した。

 生駒卒業後の登山部部長についてスタジオでは、「部長が転びまくるってどうなんだろう」と自分が部長になることに疑問を呈した秋元。齋藤飛鳥も「今影を潜めてるくらいですから」と拒否し、MCのバナナマン・日村勇紀に「解散だよ、この部活」とツッコミを入れられた。生田絵梨花によるスキューバダイビング部も活動しておらず、「いつかの卒業の時までに潜るっていう行為だけはしたいな、と。何かに潜る」と目標を語ると、バナナマン・設楽統から「部活、1回やめよっか」と提案され、まさかの部活廃止という展開になった。

 次回4月29日放送では「卒業する生駒へメンバーからの手紙」をオンエア予定だ。

(文=向原康太)

      

「乃木坂46 生駒里奈、3期生にアドバイス 「反省はして良いけど、自分のことは責めなくて良い」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版