POLYSICS ハヤシ、『ウルトラマンシリーズ』への愛を熱弁 「一貫して曲が素晴らしい!」

POLYSICS ハヤシ、『ウルトラマンシリーズ』への愛を熱弁 「一貫して曲が素晴らしい!」

「南夕子は俺の初恋の人」

ーーそれから、『ウルトラマンA 45th Anniversary Music Collection』は、ハヤシくんが「ぜひこれを語りたい」とセレクトしてくれたボックスですが。

ハヤシ:そう。『ウルトラマンA』が、僕にとっての最初のウルトラマンなんです。たぶん6歳くらいの頃にテレビ東京で再放送していて、観たらものすごく面白くて。いわゆる「巨大な怪物が街を壊す」の初体験だったんですけど、「なんだこれは!?」と思って。しかも『ウルトラマンA』に出てくる怪獣はーー『A』は怪獣を超獣っていうんだけど、ものすごく色彩がえぐいのね。今までの怪獣にない細かなデザインで色彩もサイケデリックで。それが街を壊すのに、衝撃を受けたんですよ。

ーー『A』はどういう作品?

ハヤシ:主人公の北斗星司(高峰圭二)と南夕子(星光子)が超獣に襲われて命を落とすんですけど、それを見ていたウルトラマンAが、「じゃあ僕の命をあげるから。ウルトラリングが光った時、力を与えよう」と特別な力を与える。それから二人がウルトラタッチをして変身して、超獣をやっつけることになるんです。パン工場で働いてた北斗星司と病院で働いてた南夕子がウルトラマンAに力をもらった時、ベロクロンっていう超獣が出て来るんですよ。リングがピコーンって光って、「あっ光った! 今だ、変身だ!」っていう時に、タッタッタってふたりが走って来て「夕子―!」「星司さーん!」って、いきなり下の名前で呼び合うのよ! 第一話を大人になってから観直したんですけど、「すげえなウルトラの力!」と思って、なぜか俺、ボロボロ泣き出しちゃって。

ーー(笑)。大人になってからですよね?

ハヤシ:そうよ、DVD化された時だから、もうとっくにPOLYSICSやってたよ(笑)。しかもすごいのは、途中で南夕子、月に帰っちゃうんですよ。南夕子は実は月の住人で、ルナチクスっていう超獣を倒すために地球にやって来ていた。だからルナチクスを倒したら、「私の役目はこれで終わった。これからはあなたひとりで戦ってね」って。俺、そのシーンは大人になってから観ても、めっちゃせつなくて。ほんと、南夕子は俺の初恋の人ですね。

ーー(笑)。

ハヤシ:今思えば、初恋だったなっていう。強くてかっこいい女性、みたいな。だからもうねえ、南夕子出てくる回はうれしくて泣いちゃうんですよ。あと、最終回は絶対泣くんだよな、何回観ても。Aとサイモン星人の戦いがねえ、めっちゃせつなくて。その最後にAが残すメッセージがいいのよ……言いたいんだけど、言うと長くなるから……。

ーーお願いします(笑)。

ハヤシ:<優しさを失わないでくれ。 弱い者をいたわり、互いに助け合い、 どこの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。 例えその気持ちが何百回裏切られようと。 それが私の最後の願いだ」>(ウルトラマンA 「明日のエースは君だ!」より)」これを最後に言われると、涙が止まんないのよ。自分の中で、心の名言にしてるかも。それに『ウルトラマンメビウス』にも、Aが出てくるんです。メビウスがひどい目に遭った時にAが出てきて、この言葉を言うんです。 すごくない? 超感動しない? 俺、それも泣いちゃったよ。

ーー『A』の音楽の話もお願いしていいですか?

ハヤシ:『A』の主題歌って、主題歌集の方で聴くと、ちょっと歌詞とかが変わってるんです。長さも違うし、アレンジもちょっと変わってて。テレビ版のアレンジがすごい好きだったから、それを聴きたかったんですね。こっちにはそのテレビバージョンが入ってるのと、あと「戦い」っていう曲が3バージョン入っていて。Aが優勢な時に「よし、来たあ!」みたいな時に流れる曲なんだけど、これが大好きで! この曲を聴くと、当時、自分が子どもながらにAをキラキラした目で観てた気持ちに戻る感じがあって、すごい元気になる。この曲、次回予告のバックミュージックとしても流れているんですけど、これが聴きたかった、っていうのがいちばん大きいかもしんない。

「怪獣みたいにキャッチーな存在でないといけない」

ーーウルトラマンシリーズの音楽の影響が、POLYSICSに表れているところはあると思います?

ハヤシ:曲のルーツという部分では、あまりないかもしれないです。ただ、誰も観たことのないデザインや世界観に影響を受けてるかもしれないですね。特に怪獣の自由なデザインの発想には、ものすごい影響受けてると思う。(ゴモラのフィギュアを指して)この頭だって、兜をモチーフにしてたりするんですよ。それにコウモリと魚のように普段合わないものを合わせて怪獣にしたり、顔が首の上じゃなくてお腹にあったりとか。レッドキングは身体の大きさをアピールするために、顔をめっちゃ小さくしたらしいんですけど、「すげえ! その発想」と思って。

 自分も、決められたスタイルじゃなくて、もっと自由な発想で、おもしろい音楽を作れればなって思います。でもそれが、怪獣みたいにキャッチーな存在でないといけないし、誰にも伝わらないものじゃなくて、自由な発想でおもしろいものを作らなきゃな、って。あと、毎作毎作テーマを変えて、同じことをしないのも、すごく大事なことだと感じましたね。

ーーさっきも自分でおっしゃってましたけど、ハヤシくん、音楽を聴く時は、歌詞にメッセージ性とかストーリーとかいらないって人じゃないですか。

ハヤシ:うん。

ーー逆にウルトラマンシリーズには、そこを求めるんですね。

ハヤシ:そこを求めるんすよお。ウルトラマンシリーズは別ですね(笑)。

ーーこのパッケージで、各シリーズを連続して聴き通していくと見えてくる傾向ってあります?

ハヤシ:やっぱり『ウルトラQ』から『ウルトラマン』までの曲調はジャズだよね。作曲家の宮内國郎さんがジャズの人だから。あと、時代によって、やっぱりトレンドみたいなのを取り入れてるのかもしれないです。『ウルトラマン』がちょっとブギウギっぽかったり、『ウルトラマン80』あたりになると、80年代の歌謡曲の感じしますよね。平成以降は、ギターが入って来たり、マシンビートになっていたりする。「Beat on Dream on」っていう『ガイア』の第二期のエンディング曲があるんですけど、これがまた、めっちゃいい曲なんですよ。

ーー(ブックレットを見る)作詞:小室みつ子、作曲:井上大輔。これも大物ですねえ。

ハヤシ:ウルトラマンガイアとウルトラマンアグルっていうふたりがいて、最初は敵同士なんですよ。そのふたりのことを歌ってる曲で、これもグッと来るんです。しかしこれ、ほんと完全網羅してますよね。俺、東京03の角田晃広さんが弾き語りで歌っている「ウルトラ怪獣散歩のテーマ」が入ってるのも嬉しかった。角田さんが、自身が声優を務めたメフィラス星人として歌っているんです。それに『ウルトラマンフェスティバル』の20周年テーマ曲(「みんな大好きなウルトラマン」)も入っていて、当時、YouTubeで画像付きの映像を観た時は泣いちゃいました。

 『ウルトラマンフェスティバル』には2003年ぐらいから、いまだに行ってるんです。それでこの20周年の歌を聴いた時に……ひとつのことをこうやって続けていくっていうことの大変さもわかる。俺もポリをずっとやってるしね。それで、いまだに子供から大人に向けて、しかも新しいシリーズを作っている。ほんと大変だなあと思いながら、いやあ、好きでよかったなって。自分もこういうふうに、がんばろうと思いましたね。

ーーそういえば、昨年10月にPOLYSICSに加入したナカムラリョウさんは、科楽特奏隊という特撮の曲を演奏するバンドのメンバーでもありますよね。

ハヤシ:ああ。俺、言ってないんだよね、この取材やるって。

ーーはははは!

ハヤシ:取材したあと「いいだろう!」と言おうと思って(笑)。

(取材・文=兵庫慎司/写真=林直幸)

■リリース情報
『ウルトラセブン サウンドライブラリー』
価格:¥10,000+税

<収録内容>
DISC-1 『ウルトラセブン』SONG COLLECTION
レコード用、およびTV放送用の主題歌・挿入歌。カラオケを収録。
DISC-2 『ウルトラセブン』SOUNDTRACK COLLECTION PART-1
第1回録音・第2回録音分をMナンバー順に収録。
DISC-3 『ウルトラセブン』SOUNDTRACK COLLECTION PART-2
第3回録音分をMナンバー順に収録、エキストラ追加音楽、他作品からの流用音源を収録。
DISC-4 『ウルトラセブン』EFFECTS COLLECTION
「ウルトラセブン」関連の効果音を1枚に集約して収録。
DISC-5 『ウルトラセブン』EXTRA COLLECTION
レコード用英語版ドラマ、アレンジ・ヴァージョンや関連楽曲などを収録。

『ウルトラセブン 50th Anniversary Album』(LP)
価格:¥4,000+税
<収録内容>
Side A
1.メインタイトル(Stereo Mix)
2.ウルトラセブンの歌 歌/みすず児童合唱団、ジ・エコーズ
3.ウルトラ警備隊の歌 歌/東京マイスタージンガー
4.ULTRA SEVEN 歌/ジ・エコーズ
5.ウルトラ少年の歌 歌/みすず児童合唱団
6.ウルトラセブンの歌 パートII 歌/ジ・エコーズ、みすず児童合唱団
7.THE THEME SONG of “ULTRA-7” 歌/子門真人
8.“ULTRA-7” 歌/子門真人
9.ディスコウルトラセブン 歌/マジカル・スペース・シップ

Side B
1.ウルトラ警備隊の歌(レコードサイズ・カラオケ)
2.ウルトラセブンの歌 パートII(レコードサイズ・カラオケ)
3.セブンの戦い*
4.フルートとピアノのための協奏曲*
5.Siesta*
6.ディヴェルティメント*
7.恋人たち*
8.Moonshine Serenade*
9.他人の星*
10.クラタとキリヤマ*
11.星空の下で*
12.彼方へ…*
13.エンディングXII*
(※モノラル)

『ウルトラマン 主題歌・挿入歌 大全集 Ultraman Songs Collected Works』
価格:¥20,000+税
ウルトラマンシリーズの主題歌・挿入歌を263曲収録した12枚組CD-BOX
※2段3ツ折りデジパック(6枚収納)×2、別冊ブックレット、紙カートン(三方背)

『ウルトラマンA 45th Anniversary Music Collection』
¥6,000+税
※三方背ケース 別冊解説書付き

<収録内容>
DISC-1 ウルトラマンA オリジナルBGM アーカイヴス
『ウルトラマンA(エース)』のオリジナルBGMを、オープニングを除き、Mナンバー順に収録。加えて、細工音楽テープからBGM、予告用BGMの編集版を収録。
DISC-2 ウルトラマンA スペシャル・ミュージック・コレクション
第1話使用音源によるオープニングの他、劇中に使用された『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』のBGMの中から、特定エピソード用音楽を過去に当社から発売されたCDより収録。
DISC-3 ウルトラマンA ソング・コレクション+効果音集
ヴォーカル曲の既存フルサイズ、カラオケ、メロオケに加えて、特定話数に使用された当社発売楽曲、さらに効果音を過去に当社から発売のCDから収録。
(C)円谷プロ

ウルトラマン レーベルサイト

■POLYSICSリリース情報
『That’s Fantastic!』
発売中
価格:¥3,059(税別)
POLYSICS公式サイト

POLYSICS ハヤシ サイン入りチェキプレゼント

 

ハヤシのサイン入りチェキを2名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

■応募方法
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

リアルサウンド 公式Twitter

<応募締切>
2018年4月16日(月)まで

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!