>  >  > ミセス大森と藤澤が語る“ルーツ”

アーティストが語る“ミュージックヒストリー” 第十回:Mrs. GREEN APPLE

Mrs. GREEN APPLEのクレバーな音楽性はいかにして作られた? 大森&藤澤が語る“ルーツ”

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 隔週木曜日の20時~21時にInterFM897でオンエアされているラジオ番組『KKBOX presents 897 Selectors』(以下、『897 Selectors』)。一夜限りのゲストが登場し、その人の音楽のバックボーンや、100年後にも受け継いでいきたい音楽を紹介する同番組では、ゲストがセレクションし、放送した楽曲をプレイリスト化。定額制音楽サービスKKBOXでも試聴できるという、ラジオと音楽ストリーミングサービスの新たな関係を提示していく。8月31日の放送には、Mrs. GREEN APPLEから大森元貴(Vo&G)と藤澤涼架(Key)が登場。“自身が影響を受けた音楽”と“100年後に残したい音楽”を紹介する。今回はそのプレイリストから彼らの音楽性を掘り下げるべく、同回の収録現場に立ち会った模様の一部をレポートしたい。

Mrs. GREEN APPLE・大森元貴(Vo&G)

 大森がまず、自身のルーツとして挙げたのは、The Vamps「I Found A Girl ft. Omi」(アルバム『Wake Up』収録)。

The Vamps「I Found A Girl ft. Omi」

Mrs. GREEN APPLEとも同世代であり、世界的に活躍する若手バンドの楽曲を挙げた理由について、大森は「メンバーと移動車の中でもガンガン聴いています。80年代のサウンドも取り入れながら新しく聴こえるようにしていて、すごく感化されたんです」と語っているが、まさにチープとも言えるシンセサイザーのサウンドを取り入れながら、ストレートでポップなサウンドを鳴らすという意味では、Mrs. GREEN APPLEとも近い感覚があるといえる。大森自身も、「感覚が新しくて、自分たちと近い感じで音楽を届けていて、それがいいなって思うんです」と、シンパシーを感じているようだった。

Mrs. GREEN APPLE・藤澤涼架(Key)

 続けて、藤澤はUVERworldの「Just break the limit!」(アルバム『AwakEVE』収録)を紹介。

UVERworld「Just break the limit!」

 藤澤は「高校卒業のタイミングで芸能の養成所に入ったんですけど、小さい頃から歌って踊れる人に憧れがあったんです。中学で吹奏楽、高校でクラシックを勉強したけど、どこか引きずっていて」と、音楽の勉強もしながら、歌い踊ることへの憧れが捨てられなかったという。そんなときに「Just break the limit!」に出会い、「TAKUYA∞さんがピアノを18歳や19歳のころにやろうとして失敗したけど、再び始めたことが今の作曲にも繋がっていると歌っていて、僕もいまから始めても遅くないのかなと思うようになった」そうだ。

 そんな藤澤は、「音楽を始めてから影響を与えられた曲」としてJamiroquaiの「Runaway」(アルバム『HIGH TIMES』収録)をピックアップ。

Jamiroquai「Runaway」

「自分はクラシックやフルートをやっていたんですけど、すごく緊張しいで、ガチガチになることが多かったんです。でも、バンドという形態でありながら、ジェイ・ケイが歌い踊るのを見て、そういう『型』にはまらなくていいんだ、自由に音楽を楽しんでいいんだと思った」と、自身の楽器や規定に縛られず自由に音楽を楽しむことの大事さを学び、彼のパフォーマンスの特徴である、キーボードを弾いたり時折前にでて観客を煽るというスタイルが確立する元となったのだという。

 次に、同じテーマで大森が選んだのはMaroon5「Misery」(アルバム『Hands All Over』収録)。

Maroon5「Misery」

 大森は同曲について「ボーカルであるアダム・レヴィーンの歌がとにかくうまい。僕自身、あまり人の曲を聞くタイプじゃなかったんですけど、Maroon5はずっと聴いている」と語る。Mrs. GREEN APPLEの楽曲のすべてを手掛ける大森だが、彼は他のメンバーに比べ、自身の音楽ルーツや趣味趣向について明言することは少ないが、先のThe Vampsにせよ、今回のMaroon5にせよ、彼らの音楽性と照らし合わせることで見えてくるものが多い。後者に関しては、大森とアダムの声が質こそ違えどどちらもハイトーンで伸びやかなことなども共通点といえるだろう。なお、番組ではほかにも、彼らの“100年後に残したい音楽”や、8月30日リリースシングル『WanteD! WanteD!』についてのトークも行われた。

 音源を軽く一聴しただけだとJ-POPライクなバンドのようにも聴こえるMrs. GREEN APPLE。しかし、今回の放送を通して、実際は洋楽のスタンダードなポップスやロックにルーツを持つ、アカデミックでクレバーな集団であることが少しでもわかれば幸いだ。

(文=中村拓海)

■番組情報
KKBOX presents『897 Selectors』
DJ:野村雅夫 
放送日:毎月第一・第三週木曜20:00からInterFM897でオンエア
次回ゲスト:Mrs. GREEN APPLE 大森元貴(Vo&G)&藤澤涼架(Key)(8月31日放送)
番組ホームページ

■連載「アーティストが語る“ミュージックヒストリー”」バックナンバー
第一回:イトヲカシの「ルーツ」となっている楽曲は? 伊東歌詞太郎&宮田“レフティ”リョウが大いに語る
第二回:大塚 愛が明かす、デビュー以降の“声の変化”と転機になった洋楽ソング
第三回:藤原さくらが“アレンジの重要性”に気付いた作品とは? 「クレジットをかじりつくように見た」
第四回:MACOの音楽に影響を与えたポップス・日本語ラップの作品は? 本人が語る“意外な”ルーツ
第五回:大沢伸一が明かす、MONDO GROSSO新作にも繋がった“ニューウェーブからの影響”
第六回:Gotchが語る、Weezer楽曲の面白さ「ロックミュージックの美しい部分が全部入っている」
第七回:川谷絵音が明かす、自身の原点にある“不穏な楽曲”への関心 「音楽の好みがガラリと変わった」
第八回:Charaが語る、プリンスへの憧れと後悔 「もっとアプローチしておけばよかった」
第九回:ハイロウズ、ブランキー、アラバマ・シェイクス…never young beach 安部&鈴木を形作る音楽

「Mrs. GREEN APPLEのクレバーな音楽性はいかにして作られた? 大森&藤澤が語る“ルーツ”」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版