>  > ボイメン研究生が語る快進撃の現状

『ドドンコ Don’t worry』リリースインタビュー

ボイメン研究生が語る快進撃の背景、そして先輩への羨望「必死に追いかけないといけない」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「名古屋から全国へ、そして世界へ!」(寺坂)

20170107-bmk7.jpg中原聡太

――では、みなさんの2017年の目標を聞かせてください。

清水:もちろん世界征服です。

中原:世界制覇じゃないの? それでもかなりデカすぎるけど(笑)。

清水:それぐらいの勢いで頑張ります!

中原:まずは、2月にセンチュリーホールで初めて単独ライブをやらせていただくのでいて、そこはこれまでの僕たちの集大成になると思いますし、そのタイトルが「羽ばたきの章」なので、ここから一気に羽ばたいていきたいと思います!

野々田:2016年も僕たちにとって貴重な1年でしたけど、2017年はより一層勝負に出たいなと思っています。先輩たちくらいまで上り詰めるのは大変ですけど、「夢を諦めなければ必ず叶う!」というのは先輩たちが証明しているので、僕たちも頑張っていきたいです。

寺坂:2016年はたくさんの方にお世話になったので、2017年は自分たちが結果を出して、多くの方にそのお返しをしていきたいと思います。「BOYS AND MEN」の看板を背負っているわけなので、名古屋から全国へ、世界へと発信させていけるように頑張ります!

清水:僕たち「研究生」をどんどん全国に広めていきたいと思います。ファンのみなさんが応援していて良かったなと思ってもらえるような1年にしたいと思います。

松岡:2016年はすごく多くの方に支えられた1年だったなと思うので、2017年は少しずつその感謝の気持ちを恩返しながら恩返ししていきたいと思います。

清水:恩返ししながら恩返しするの(笑)?

松岡:はい(苦笑)、どんどんお返しします!

寺坂:あと、『レコード大賞』新人賞は絶対に獲りたいね。

中原:獲りたい。そして『紅白歌合戦』にも出たいと思ってます。

松岡:海外で応援してくれている人もいるということなので、将来はアジアにも行ってみたいです。

野々田:国内、国外いろいろなところで、ライブがしたいです。

清水:やりたい!

中原:北から攻めるメンバーと南から攻めるメンバーで、最後は名古屋で合流、みたいな(笑)。

清水:めっちゃいい!その企画。

寺坂:まだ行けていない地域もあるし、待ってくださる方もいるので、そういう方たちのところに行きたいなと思います。期待してください!

(取材・文=田部井徹)

■リリース情報
BOYS AND MEN 研究生『ドドンコ Don’t worry』
発売日:2016年12月21日(水)
パターンA(シングルCD+DVD):¥1,500+税
パターンB(シングルCD):¥1,000+税
パターンC(シングルCD):¥1,000+税
パターンD(シングルCD):¥1,000+税

BOYS AND MEN 研究生 オフィシャルサイト
BOYS AND MEN 研究生 ブログ
BOYS AND MEN 研究生 トウキョウ ブログ
テイチクエンタテインメント

「ボイメン研究生が語る快進撃の背景、そして先輩への羨望「必死に追いかけないといけない」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版