>  > 乃木坂橋本&松村が考える”変化の必要性”

2ndアルバム『それぞれの椅子』リリースインタビュー(Vol.2)

乃木坂46 橋本奈々未&松村沙友理が考える変化の必要性「そろそろ乃木坂らしさに固執しなくても」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160609-hashimatsu8.jpg橋本奈々未

好きなものについてもっと勉強したい(橋本)

──橋本さんと松村さんは去年から特に個々の活動が増えてきましたよね。2人ともファッション誌『CanCam』専属モデルとしての活動もスタートしましたし、橋本さんはラジオ番組『SCHOOL OF LOCK!』内『GIRLS LOCKS!』でパーソナリティを担当、松村さんは『じょしらく』『すべての犬は天国へ行く』といった舞台にも出演しました。昨年1年、そういう新たな経験を経た手応えはいかがですか?

松村:個人活動に限らずなんですけど、2015年は舞台や主演ドラマ(昨年7〜9月に放送されたテレビ東京系ドラマ『初森ベマーズ』)など、演技のお仕事をたくさん経験させていただいて、先日も『じょしらく弐〜時かけそば〜』に出演して、場を重ねるのが大事だなと感じました。『16人のプリンシパル』を除くと舞台は3回経験したんですけど、演技が苦手なまま3年ぐらい過ごしてきてしまって「私はこのまま一生下手なんだ」と思っていたんです。でも、自分の中でちょっとできるようになったんじゃないかと思う瞬間が出てきて。今回の『じょしらく』でも「あそこ、すごく良かったよ」と褒められることも多かったし、今までそういうことがなかったぶん、活動の中で手応えを感じる瞬間はちょっと増えた気がします。

──『じょしらく弐〜時かけそば〜』での松村さん、実際に楽しそうに演じてましたものね。

松村:うん、楽しいです。『プリンシパル』のときはただ必死でがむしゃらで、何も考えずにセリフを思い出す作業のようだったのに、今はただセリフを言うんじゃなくて、その役を演じる方向にシフトできてきてるのかなとは思います。

──そこが自信につながっている?

松村:そうですね。まだ自信満々とは言い切れないけど、5%ぐらいの自信は持ててると思いますし、「もっとやりたいです!」って自分から言えるようになりました。正直今まではやりたくても自信が持てなくて、「演技の仕事がやりたいです」とは自分から言えなかったんですよ。でも今はこういうインタビューでも「これからも演技系のお仕事をやりたいです」と言えるようになったので、そこは自分の中で自信が付いた証拠だなと思います。

──素晴らしいですね。橋本さんはどうですか?

橋本:昨年1年は、自分が好きなことをさせてもらえた年だったと思っていて。これまで5年くらい活動してきましたけど、2015年までの期間は好きなことをするというよりは目の前に提示されたことに立ち向かっていく感じだったのかな。けど、2015年は乃木坂46という母体が少しずつ認知されるにつれて、今まで好きだと言い続けてきたことが相手に届きやすくなり、ラジオのお仕事や音楽番組のMCのように、自分が望んでいたお仕事を最高の形でやらせてもらうことができて。たぶんそれって他のメンバーも同じだと思うんですけど、だんだんと個人の進みたい道がしっかりできてきてるのかなと思ってます。私自身、仕事でもプライベートでも好きなことをやるってことはすごく大事なことなんだなと、改めて実感した1年でした。と同時に、好きっていうことにもっと自信を持とうという気持ちから、好きなものについてもっと勉強したいなと思うようになった1年だったと思います。

20160609-hashimatsu9.jpg松村沙友理

3期生は今までの乃木坂っぽくない子がいい(松村)

──糧になるものを得た結果、おふたりとも非常に前向きなのが今のお話から伺えました。そういう経験を経て、2016年夏以降の乃木坂46がどう進化していくのかも非常に気になるところです。そのタイミングで、夏には3期生も新たに加入しますよね。久しぶりに後輩が増えますが、どういう心境でしょうか?

橋本:でも私たち、人見知りだからね(笑)。

松村:ね?(笑)

橋本:この2人は仲良くなるのに一番時間がかかるんじゃないかな(笑)。

松村:本当に、2期生ともやっとすごく喋れるようになったぐらいですから。でも3期生が入る前に2期生と仲良くなれてよかったです。

──どんな子に入ってきてほしいですか?

松村:私は今までの乃木坂っぽくない子がいいな。ちょっと変わった子というか。

橋本:そうだね。うまくいきそう。

松村:えっ、私との関係性が?

橋本:違う違う、乃木坂46との相性が(笑)。乃木坂46っぽい子だと「次期○○」みたいになりそうじゃないですか。

──同じ路線を維持するのではなく、新たな起爆剤として今までにないタイプのメンバーを入れたほうが今後のためにもなると。

松村:そうですね。せっかく新メンバーが入るんだったら、もっと乃木坂46が盛り上がるのに不可欠な、意欲のある子がいいです。1期生、2期生関係なく先輩を倒すぞ!みたいな。って自分で言ってみたけど、そうなったら怖い!(笑)

橋本:(笑)。

──そういう新メンバーのみならず、今の乃木坂46は欅坂46をはじめとした若手グループからも追われる立場になったじゃないですか。乃木坂46を目標にしてますとか、乃木坂46を超えたいと思ってる人たちも多いと思うんです。追われる側になったことは意識しませんか?

橋本:そう言ってもらえるのは嬉しいですけど、追い抜かされたら悲しいですよね。特に乃木坂はAKB48さんの公式ライバルとして誕生して、AKB48さんの背中をずっと追って走ってきたのに、そこから新たに誕生した人たちが後ろから追いかけてきて……まだ前にも追いついてないのに。あまり後ろを意識してばかりはよくないけど、今は追い抜かれないようにメンバー同士で力を合わせて頑張りたいです。

(取材・文=西廣智一/写真=三橋優美子)

次ページ:フォトギャラリー

あわせて読みたいインタビュー記事

乃木坂46 中元日芽香&能條愛未が明かす、グループの“演劇性”とアンダーライブ革新の理由

乃木坂46深川麻衣が語り尽くす、旅立ちの決意「卒業は寂しいけど、悲しいことではない」

乃木坂46北野日奈子と寺田蘭世が明かす、“アイドルの楽しさ”と“3期生募集への焦り”

乃木坂46運営・今野義雄氏が語る、グループの“安定”と“課題” 「2016年は激動の年になる」

乃木坂46桜井玲香が語る“怒涛の2015年”と“期待の2016年”「戦わなきゃいけない相手が増える」

乃木坂46衛藤美彩と深川麻衣が考えるグループの現在地 「いろんな乃木坂を見せたほうがいい時期だと思う」

乃木坂46・生駒里奈がめざす“シーズン3”の自分とは?「新しい『強くて怖いもの』に出会わなきゃ」

乃木坂46・伊藤万理華と中元日芽香が語る“グループの勢い”とは?「個々の輝きが去年とは全然違う」

乃木坂46深川麻衣と若月佑美が語る、4年半の歴史と成長「グループにいるからこそチャンスを貰える」

「乃木坂46は、まだちっぽけな存在」 秋元真夏・生田絵梨花・高山一実が語る、グループの課題と未来

乃木坂46、秋元真夏・生田絵梨花・高山一実インタビュー 2014年に起きたグループの一大変化とは?

20160426-nogizaka1.jpg乃木坂46『それぞれの椅子』(初回仕様限定盤 Type-A)20160426-nogizaka2.jpg乃木坂46『それぞれの椅子』(初回仕様限定盤 Type-B)20160426-nogizaka3.jpg乃木坂46『それぞれの椅子』(初回仕様限定盤 Type-C)20160426-nogizaka4.jpg乃木坂46『それぞれの椅子』(初回仕様限定盤 Type-D)20160426-nogizaka5.jpg乃木坂46『それぞれの椅子』(通常盤)

■リリース情報
乃木坂46 2ndアルバム『それぞれの椅子』
発売:2016年5月25日(水)
価格:初回仕様限定盤(CD+DVD、Type-A~D)4,300円
   通常盤(CDのみ) 2,500円(税抜)

<初回仕様限定(CD+DVD)盤 Type-A>
M1:命は美しい
M2:太陽ノック
M3:今、話したい誰かがいる
M4:ハルジオンが咲く頃
M5:(新曲)きっかけ
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、
桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、
松村沙友理、若月佑美(※14thシングル選抜メンバー曲)
M6:(新曲)太陽に口説かれて
秋元真夏、生田絵梨花、生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合、衛藤美彩、齋藤飛鳥、
桜井玲香、白石麻衣、高山一実、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみ、堀未央奈、
松村沙友理、若月佑美(※14thシングル選抜メンバー曲)
M7:(新曲)欲望のリインカーネーション
川後陽菜、川村真洋、斎藤ちはる、斉藤優里、中田花奈、中元日芽香、能條愛未、
樋口日奈、和田まあや(※14thシングル1期生アンダーメンバー曲)
M8:悲しみの忘れ方
M9:(新曲)空気感
衛藤美彩、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、松村沙友理(ユニット曲)
M10:(新曲)光合成希望
西野七瀬(ソロ曲)
M11:無表情
M12:あらかじめ語られるロマンス
M13:隙間
M14:急斜面
M15:羽根の記憶
M16:乃木坂の詩

<初回仕様限定(CD+DVD)盤 Type-B>
M1:命は美しい
M2:太陽ノック
M3:今、話したい誰かがいる
M4:ハルジオンが咲く頃
M5:(新曲)きっかけ
M6:(新曲)太陽に口説かれて
M7:(新曲)欲望のリインカーネーション
M8:悲しみの忘れ方
M9:(新曲)Threefold choice
齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈(ユニット曲)
M10:(新曲)低体温のキス
生田絵梨花(ソロ曲)
M11:遥かなるブータン
M12:ポピパッパパー
M13:制服を脱いでサヨナラを・・・
M14:憂欝と風船ガム
M15:立ち直り中
M16:乃木坂の詩

<初回仕様限定(CD+DVD)盤 Type-C>
M1:命は美しい
M2:太陽ノック
M3:今、話したい誰かがいる
M4:ハルジオンが咲く頃
M5:(新曲)きっかけ
M6:(新曲)太陽に口説かれて
M7:(新曲)欲望のリインカーネーション
M8:悲しみの忘れ方
M9:(新曲)失恋したら、顔を洗え!
中元日芽香、能條愛未from 乃木團(ユニット曲)
M10:(新曲)かき氷の片想い
伊藤かりん、伊藤純奈、北野日奈子、相楽伊織、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、
寺田蘭世、堀未央奈、山﨑怜奈、渡辺みり愛(2期生曲)
M11:大人への近道
M12:君は僕と会わない方がよかったのかな
M13:別れ際、もっと好きになる
M14:嫉妬の権利
M15:不等号
M16:乃木坂の詩

<初回仕様限定(CD+DVD)盤 Type-D>
M1:命は美しい
M2:太陽ノック
M3:今、話したい誰かがいる
M4:ハルジオンが咲く頃
M5:(新曲)きっかけ
M6:(新曲)太陽に口説かれて
M7:(新曲)欲望のリインカーネーション
M8:悲しみの忘れ方
M9:(新曲)環状六号線
生駒里奈、伊藤万理華、井上小百合(ユニット曲)
M10:(新曲)口約束
秋元真夏、桜井玲香、中田花奈、若月佑美(ユニット曲)
M11:ロマンティックいか焼き
M12:ハウス!
M13:そんなバカな・・・
M14:シャキイズム
M15:ロマンスのスタート
M16:乃木坂の詩

<通常盤>
※収録曲はType-Aと同様
M1:命は美しい
M2:太陽ノック
M3:今、話したい誰かがいる
M4:ハルジオンが咲く頃
M5:(新曲)きっかけ
M6:(新曲)太陽に口説かれて
M7:(新曲)欲望のリインカーネーション
M8:悲しみの忘れ方
M9:(新曲)空気感
M10:(新曲)光合成希望
M11:無表情
M12:あらかじめ語られるロマンス
M13:隙間
M14:急斜面
M15:羽根の記憶
M16:乃木坂の詩

■関連リンク
オフィシャルTwitter
オフィシャルYouTubeチャンネル
乃木坂46 オフィシャルHP

「乃木坂46 橋本奈々未&松村沙友理が考える変化の必要性「そろそろ乃木坂らしさに固執しなくても」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版