>  > 乃木坂松村が白石への悪事を謝罪

乃木坂46・松村沙友理が白石麻衣への“悪事”を謝罪 白石「『盗りやがったぁ!』と思った」

関連タグ
乃木坂46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 番組後半のスタジオトークでは、「乃木坂反省中」という今まで犯してしまった悪事をカメラに告白して反省するコーナーを行った。まずは、西野七瀬が「ボタン連打してごめんなさい」と謝罪し、「1人でエレベーターに乗ってボタンを押すポジションに立ってたんですけど、人がこっちに向かって走ってきてたんです。目が合ったんですけど、閉めるボタンを思いっきり連打して」と説明すると、バナナマン・設楽統から「西野最低だな」とコメントを受けた。続けて、松村沙友理は「セリフをとってごめんなさい」と告白し、「今年の夏に行われた『真夏の全国ツアー』のライブ中のことなんですけど、『ガールズルール』で私と橋本(奈々未)と白石(麻衣)で順番にお客さんを煽るところがあって、私が先で白石が後で。被らないようにと、まいやん(白石)に『何言うん?』って聞いたんですけど、本番では焦ってまいやんが言う言葉を言ってしまって」と話すと、白石がその時に思っていたこととして「『松村(セリフを)盗りやがったぁ!』と思って。咄嗟に考えて『行くぞ〜』を使われたから『騒げ〜』とかしかなかった」と機転で事故を回避したことを話し、設楽は「それ最悪」と述べスタジオは笑いに包まれていた。

 次回はフィーチャーガールに白石麻衣が選ばれ、「おねぇさんと友達になりたい!」を放送する予定だ。

(文=向原康太)

      

「乃木坂46・松村沙友理が白石麻衣への“悪事”を謝罪 白石「『盗りやがったぁ!』と思った」」のページです。の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版