>  >  >  > Steve Fisk

Steve Fisk

(スティーヴ・フィスク)

アメリカのインディー・ポップ・シーンの表のカリスマがK・レーベルのキャルビン・ジョンソンだとしたら、スティーヴ・フィスクは裏のカリスマといえるだろう。80年頃から、自身もソロとしてコンピレーションに参加。その後、多数のバンド(スクリーミング・トゥリーズ、ビート・ハプニング、サウンド・ガーデン、ニルヴァーナ、ボス・ホッグなど)のインディーズ時代をプロデューサーとして手掛け、PigeonhedやPell Mellのメンバーとしても活動する。また、グランジ・ムーヴメント以前のポスト・パンク・シーンを影で支えていただけでなく、ファンクやR&Bのトラックからのサンプリングやテープ・ループを用いた実験的なアヴァンギャルド・トラックを制作している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版