>  >  >  > オルケスタ・デル・ソル

オルケスタ・デル・ソル

(オルケスタ・デル・ソル)

オルケスタ・デル・ソルは日本初のサルサ・グループとして78年に結成された。オリジナル・メンバーであるペッカー(per)、高橋ゲタオ(b)、森村献(p)といった、現在もさまざまなジャンルで活躍する売れっ子プレイヤーを輩出したことでも有名なグループだ。
デビューは81年の「レインボーラブ」。その後もメンバー・チェンジを繰り返しながら、日本語でサルサを歌うなど、ジャパニーズ・ポップスにおけるラテンの在り方に一石を投じてみせた。また、オルケスタ・デ・ラ・ルスやチカ・ブーンなど後進の育成も熱心で、つねにシーンを牽引し続けたジャパニーズ・サルサ最大の功労者といえよう。98年にはサッカー・ワールドカップ・フランス大会にむけて、オフシャル応援歌「THE FIGHT!!」で日本代表を音楽的にサポートするなど、現在もメジャー・フィールドにおいてラテンの普及に努めている。

オルケスタ・デル・ソルの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版