>  >  >  > Moby Grape

Moby Grape

(モビー・グレープ)

60年代、サイケデリックの震源地サンフランシスコは、グレイトフル・デッドをはじめ、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリンなど、たくさんのグループ/アーティストが輩出されたが、なかでも別格扱いだったのがモビー・グレープである。フォーク、カントリー、ブルース、R&B、サイケデリック……と多彩な要素が凝縮された音楽性は、3本のギターと3声コーラスが特徴の高度な演奏力も相まって、アマチュア・レベルだった他グループとは一線を画した。特に、めったにない完璧なデビュー作『Moby Grape』(67年)と2nd『Wow』の2枚は、自由な気風のサンフランシスコ・ルネッサンスの象徴として今も語り継がれる大名盤。しかし、シングル5枚同時発売や盛大なリリース・パーティなどの誇大宣伝が逆効果に作用し、商業的には大失敗。おまけにメイン・パーソンであったスキップ・スペンスのドラッグ中毒による入院なども重なって、活動は下降線を辿り69年には解散してしまう。後に何度か再結成するが、その度に裁判沙汰に巻き込まれるなど非常に不運なグループだった。
そんなこともあって、同時代のグループと比べると知名度は低いが、音楽レベルは遥か上を行く。日本では、はっぴいえんどの元ネタとして知られている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版