> マニ☆ラバ

マニ☆ラバ

(まに・らば)

本州最北端、青森で活動を続ける注目の男子バンド。メンバーはユッキ→(田中幸弘/dr)、Yo!!(成田陽/ba)、はるよピ(木村治由/g)、NAKANO(仲野裕貴/vo)の4人。01年秋、青森工業高校のNAKANOとはるよピがバンド“マニアック・ラバーズ”を結成。その後現在のメンバーとなり、03年にバンド名を“マニ☆ラバ”に改名、メンバーの卒業を記念してCD『校則違反』を発売し青森で爆発的ヒットを記録する。04年1月に全国デビュー・シングル「幸せ」をリリース、アニメ『ボボボーボ・ボーボボ』エンディング・テーマに抜擢されインディーズ・チャート上位にランク・イン、あっという間に全国区の人気を獲得した。同年、1stフル・アルバム『青い想ひ出』を発表している。故郷を想う歌や、夢をあきらめない気持ち、都会に出てゆく恋人との別れの歌など、日常の喜怒哀楽をつづった地方ならではの心暖まる佳曲を多数生み出している。……その割には好きなバンドがGOING STEADY、吉幾三、清春、BRAHMANとかなりバラエティ豊か。05年3月に青森限定で発売した「青森駅」は、これまでのエモコア・サウンドとは異なる切ないポップ・バラードで、彼らの違った一面を知ることができる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版