>  >  >  > Little Johnny Jones

Little Johnny Jones

(リトル・ジョニー・ジョーンズ)

エルモア・ジェイムスのバック・バンド、ブルームダスターズのピアニストとして知られるリトル・ジョニー・ジョーンズ。
シカゴ・ブルース黎明期の巨人、ビッグ・メイシオと親交が深く、彼の戦前シティ・スタイルを継承しつつも、電化時代に対応する新たなピアノ・スタイルを呈示してみせた。そんな彼の腕を見込んでの仕事の依頼も多く、エルモアの他にも、タンパ・レッド/マディ・ウォーターズ/ジュニア・ウェルズ/アルバート・キングなどのセッションに参加。
またセッション活動の合間を縫ってソロ作も残しており、ブルームダスターズをバックに録音した「Hoy, Hoy」やエディ・テイラーにカヴァーされた「Big Town Playboy」が代表作。ジョーンズ自身の朗々とした歌声も聴きモノだ。——64年に他界。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版