>  >  >  > lego big morl

lego big morl

(レゴ・ビッグ・モール)

06年3月、大阪にて高校の同級生だったカナタタケヒロ(vo&g)、タナカヒロキ(g)、ヤマモトシンタロウ(b)の3人と熊本出身であるアサカワヒロ(dr)の4人編成でバンド活動を開始。06年8月には、4曲入り1stデモをライヴ会場のみでリリースし、07年以降はライヴ・エリアを地元だけでなく、県外にも延ばし着実に活動の場を広げていった。

そして08年2月、2ndデモをライヴ会場のみ1,000枚限定で販売し、こちらも即完売。同年4月には、全国の<TSUTAYA>にて3ヶ月間限定でシングル「ワープ」のフリー・レンタルを開始。これは史上初の試みであり、常に「貸出中」の店舗が相次いだ。続いて5月には、<TOWER RECORDS>限定100円シングル「moonwalk for a week」をリリースし、オリコン・インディーズ・チャート初登場4位を記録、脅威のスピードで完売する。
6月には、満を持して1stミニ・アルバム『Tuesday and Thursday』をリリース。長身のフロント3人の圧倒的存在感とそれを支えるアサカワのパワフル且つ繊細なリズム。各地の大型フェスにも参加し、その強烈なライヴ・パフォーマンスが話題となり、存在は全国へ猛スピードで広がっていった。

12月には、1stシングル「Ray」を発表。地道なライヴ活動を続けてきた彼らが、結成当初から大事にしてきたこの楽曲は、フジテレビ系ドラマ『赤い糸』そして同タイトルの映画の挿入歌に抜擢され、その勢いも冷めやらぬ09年1月、待望の1stアルバム『Quartette Parade』をリリースし、オリコン・ウィークリー・チャート初登場10位を記録。次世代のロック・シーンを担う期待の若手ロック・バンドだ。

lego big morlの記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版