>  >  > 強力2社タッグで「レゴ復活」後押し

音楽プロデューサー小林武史の推薦コメントも

ヒット連発の2社が強力タッグ! 再始動LEGO BIG MORLをバックアップする理由とは?

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0308-lego2.jpg再始動を期に、バンド名を大文字表記とすることも決まったLEGO BIG MORL。

 Mr.Childrenやレミオロメンなどが所属するOORONG-SHA と、ONE OK ROCKflumpoolなどが所属するA-Sketch。ここ数年、高いアーティスト育成力を背景に、数多くのアーティスト/ヒット作を世に送ってきた両社が手を結び、ある新進バンドを全面的にバックアップすることになった。そのバンドとはLEGO BIG MORL。2009年にOORONG RECORDSからメジャーデビューして以来、緻密かつ躍動的なバンドサウンドで評価を高めてきた彼らだが、約1年前にギタリスト・タナカヒロキの不慮の事故により、1年間にわたるほぼ活動休止状態を余儀なくされていた。

 そんな彼らは活動休止期間中に、リズムを重視した楽曲展開とループ感、さ らにエレクトロの要素を融合させた新しいサウンドを模索。その成果といえる新曲「RAINBOW」をリリースするにあたって、マネジメントはOORONG-SHA所属のまま、レーベルをA-Sketchに移籍。心機一転して音楽活動を展開することになったのだ。

 LEGO BIG MORLの才能を見出した音楽プロデューサーで、OORONG-SHA代表の小林武史氏は、現在のLEGO BIG MORLの音楽性、そして今回の移籍について次のように話す。

「元々美意識の高いバンドだったけれど、プログラミングしたサウンドと融合して、劇的に盛り上がれる装置を手に入れたと思います。バンドとしてただ格好良い、それ以外は無いという感じです。また、LEGO BIG MORLの音やビジュアルが拡散していける可能性を秘めて来たタイミングで、A-Sketchのようなキャパシティの広いレーベルと組めることが、実にタイムリーだと思っています」

 小林氏の言葉通り、今回リリースされる「RAINBOW」は、緻密な音楽世界にポップなきらめきが加わった印象がある。ダンス+ロックのフォーマットに開放的なメロディが乗り、今後はライブで一緒に歌えるような曲が増える可能性もありそうだ。その点では、ONE OK ROCKがそうであったように、音楽的探究心の強いアーティストをスターダムへと導くノウハウを持つA-Sketchは、LEGO BIG MORLにとって心強い援軍となるのではないだろうか。

 激動の音楽業界にあって、あくまでバンド中心に“攻め”の姿勢を貫いてきた2社のタッグ。その成否は、「新生LEGO BIG MORLの覚悟を届けたい」と意気込むバンドの今後にかかっている。
(文=編集部)

■リリース情報
『RAINBOW』
発売:4月30日(水)
価格:¥1,200(tax out)

<収録曲>
1.RAINBOW 
(アニメ「ブレイド アンドソウル」エンディングテーマ)
2.絶望は希望よりも美しい
3.Star+?

■ライブ情報
『LEGO BIG MORL Spring Tour 2014 “Something New” 〜雪辱編〜』

2014年4月11日(金)
会場:東京・代官山 UNIT
OPEN / START:18:30 / 19:00
THANK YOU SOLD OUT!!

2014年4月19日(土)
会場:大阪・梅田 Shangri-La
OPEN / START:17:00 / 17:30
THANK YOU SOLD OUT!!

2014年4月20日(日)
会場:愛知・名古屋 ell.FITS ALL
OPEN / START:17:00 / 17:30
THANK YOU SOLD OUT!!

■イベント情報
3.14(金) 福岡 DRUM Be-1「Challe Rock Festival 2014 〜NEXT DOOR〜」
3.16(日) 鹿児島 SR HALL「Spring Ash!!! 2014」
3.20(木) 高知 X-pt.
3.21(金・祝) 香川・高松MONSTER「SANUKI ROCK COLLOSSEUM 〜BUSTA CUP 5th round〜」
3.23(日) 広島 ナミキジャンクション「MUSIC CUBE 14」
5.5(月・祝) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ「VIVA LA ROCK」
6.29(日) 兵庫・神戸地区「ネコフェス2014」…and more!!!

「ヒット連発の2社が強力タッグ! 再始動LEGO BIG MORLをバックアップする理由とは?」のページです。>の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版