>  >  >  > King Floyd

King Floyd

(キング・フロイド)

ズルズルと引きずるような垢抜けないリズムに怪鳥の鳴き声のようなギター音、そして粘っこい歌声が絡むミドル・ファンク・チューン「グルーヴ・ミー」、そして「ベイビー・レット・ミー・キス・ユー」を聴いてみて欲しい。キング・フロイドの代表曲であるとともに極上のサザン・レア・グルーヴが堪能できるハズだ。腰にクるというか、腰をグラグラ揺さぶられて立てなくなること必至、かも。
このニューオーリンズ出身のシンガーは、70年代初期よりワーデル・ゲゼルグのスタジオで録音を開始し、前述のヒット・ナンバーズを放つことで、のちの<MALACO>レーベル躍進のきっかけを作った。バラードではセンシティヴな表現を見せ、リズム重視系とは違う魅力もアピール。硬軟兼ね備えた実力派シンガーである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版