> Junkie XL

Junkie XL

(ジャンキー・エックスエル)

オランダ・アムステルダムから出現したジャンキーXLは、トム・ホーケンバーグによるブレイク・ビーツ・ユニットである。プロディジー、グラヴィティ・キルズ、ピッチ・シフターといったビッグ・アーティストたちとのライヴ・ツアーによって、その名を世界中にとどろかせ、97年ついにデビュー。ブロークン・ビーツがガナるハイテンション・サウンドは、テクノ/ヒップホップ/ロックを凝縮したエンジンで、火を噴きながら激走するドラッグ・マシンのごとく、聴く者を否応なしになぎ倒す。——あまたのデジタル・ロック・クリエイターのなかで突出した才能をもつ人物である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版