> Jefferson Starship

Jefferson Starship

(ジェファーソン・スターシップ)

ジェファーソン・エアプレインの主要メンバーに、新規メンバー2人をフィーチャーしたジェファーソン・スターシップは、コマーシャル・ロックのマーケットを狙い、見事に目的を達成した。批評家たちから高い評価を受け、多大なる影響力を及ぼしていた60年代の活動以上に、70年代の彼らは経済面での成功を収めた。「キャロライン」や「ミラクルズ」といったマーティ・バリンのペンによる過剰に繊細で芝居がかったバラード、そしてグレース・スリックの酔っ払いのようなパフォーマンスに牽引され、ジェファーソン・スターシップはチャートを駆け抜けた。だが、商業的な成功を収めるための方法論への更なる傾倒はポール・カントナーの脱退につながり、彼はバンド名の一部「ジェファーソン」の使用権も一緒に持っていってしまった。90年代には当然のようにオリジナル・メンバーによる再結成が行われ、「ジェファーソン・スターシップ:ネクスト・ジェネレーション」としてツアーが敢行された。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版