>  >  >  > Funeral for a Friend

Funeral for a Friend

(フューネラル・フォー・ア・フレンド)

南ウェールズ発の5人組、いわゆるスクリーモ・シーンを牽引するバンドである。
元January Thristのメンバーを中心に02年にバンド結成。インディー・レーベルよりデビューEP「BETWEEN ORDER AND MODEL」を発表、多くのメジャー・レーベル争奪戦の末、<ワーナー>と契約し、03年、シングル「JUNEAU」でメジャーに登場。まだアルバム・リリース前の新人バンドながらロック専門誌の表紙を飾るなど、その評価は折り紙つき。ヘヴィ・メタルとハードコアの攻撃性を併せ持ったそのサウンドはUKロックの伝統を正しく継承しているとも言えるだろう。同年発表のアルバム『カジュアリー・ドレスド&ディープ・イン・カンヴァセーション』リリース後、あのアイアン・メイデンのUK及びヨーロッパ・ツアーのサポートに抜擢されたのも、その証である。
07年リリースの3rdアルバム『テイルズ・ドント・テル・ゼムセルヴズ』では、フー・ファイターズ、ピクシーズ等を手がけた鬼才ギル・ノートンをプロデューサーに迎え、さらなるハード・サウンドを追求している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版