> Donovan

Donovan

(ドノヴァン)

若者たちにとってはナンシー・ボーイのメンバーの父として、20〜30代の映画好きにとっては女優アイオン・スカイの父として知られているドノヴァンは、かつてヒッピーだった中年層にとっては60年代を代表する革命的アーティストとして熟知されている。
 ある意味、「ボブ・ディランに対する英国からの回答」——として発表された初期における2枚のアコースティック・フォーク・アルバムは、地味ながらも非常に高品質であった。もしもヒット・ナンバー「メロー・イエロー」以降のドノヴァン作品を耳にしたことがなければ、是非60年代後半のアルバムにも触れてほしい。その柔らかなサイケデリック・ワールドに新鮮な衝撃を受けることは必至だ。
 彼はフォーク・ポップ・シンガーとして名を残し、現在のアメリカやヨーロッパのインディーズ・シーンにおいても、そのグルーヴィな曲調が再評価されている。70年代のシニカルな音楽ムーヴメントによって彼の音楽は一時期受け入れられなくなっていったが、96年にはスートラ、リック・ルービンと共に制作したアルバムをリリース——彼独特のフラワー・スタイルが未だ圧倒的に刺激的であることを証明した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版