> Dizzy Reece

Dizzy Reece

(ディジー・リース)

ジャマイカ生まれのディジー・リースは非常に優れたトランペット奏者であり、ドナルド・バードやアート・テイラーとの共演で知られているが、本格的に名声を確立したのは50年代にヨーロッパに活動の拠点を移してからである。彼のまばゆいばかりに輝く音色と躍動感あふれるリズムは、50年代にはブルー・ノートで素晴らしいアルバムを数枚発表し、60年代にはディジー・ガレスピーのオーケストラで短い間活動したにもかかわらず、正当な評価を受けることがなかった。彼は、聴き手に強烈な印象を残す、炎のような激しい演奏家であったが、ハード・バップというシンプルでいて力強いスタイルにこだわり続けた。特筆に価するオリジナル作品を数枚発表しており、62年のアルバム『アジア・マイナー』では溌剌とした演奏を聴かせている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版