>  >  >  > COKO

COKO

(ココ)

実力派女性ヴォーカル・グループの代表格、SWVの解散は非常に残念だったが、メインを務めていたCOKOがソロとして復活したのは嬉しい”事件”だった。あの天使のようなハイトーン・ヴォイスが、また聴けるようになったのだから——。
99年にソロ・デビュー作『HOT COKO』をリリース。男女の恋愛模様を描いた歌詞はR&Bの得意とするところだが、このアルバムでは自分の子供や自然に対する大きな愛情も加わり、人間的に一回り成長した感がある。また、変則ビートも難なくのりこなす余裕のヴォーカル・ワークは美メロ感の強いサウンドと相まって、SWV時代より一層輝きを増しているようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版