>  >  >  > Charles Mingus

Charles Mingus

(チャールズ・ミンガス)

ベーシスト/作曲家/ピアニスト/バンド・リーダー/詩人のチャールス・ミンガスはまるでつむじ風を思わせる創造力の権化だ。彼のキャリアはニューヨークでバップやクール・ジャズの演奏者として始まったが、その後ジャズ・コンポーザーズで創造力を一気に爆発させる。
作品にはゴスペルに影響を受けたシャウトや、やや下世話なブルース、そしてエリントン風に編曲されたナンバーなどが混在し、これらは『ブルーズ・アンド・ルーツ』『ミングス・アー・ウム』『ミンガス・ミンガス・ミンガス・ミンガス・ミンガス』といったアルバムで聴くことができる。そして、ビッグバンドを編成し現代音楽の傑作アルバムと言われる『黒い聖者と罪ある女』をレコーディング。さらに、偉大なるエリック・ドルフィーをフィーチャーしたクインテットではヨーロッパ・ツアーも敢行した。
一度引退を決意するが、死を迎える直前の77年に小編成のコンボによる、『チェンジーズ』と題された2枚のアルバムを録音。ベーシストとして、また作曲家として卓越した腕前を誇ったミンガスはジャズの在り方を根底から変貌させた偉大なる人物のひとりである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版