> Barry Douglas

Barry Douglas

(バリー・ダグラス)

安定感のある落ち着いた表現、上品でまろやかなニュアンスをもつピアニスト。近年は、作品の精神に踏み込む豊かな内容が加わり、表現に一層の幅とコクを与えている。
1960年北アイルランドに生まれ、ロンドン王立音楽院でマリア・クルチョに師事した。85年、ヴァン・クラーバーン・コンクールで第3位に入賞し脚光を集め、86年のチャイコフスキー・コンクールで、西側ピアニストとしてはクライバーン以来の単独優勝者となり、国際派ピアニストとしての名声を決定的なものにした。以後は、リサイタルや室内楽、ベルリン・フィル、クリーヴランド管をはじめ数々の一流オーケストラとの共演など精力的に活動、また、録音もRCAに数多く行っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版