>  >  >  > Alice Donut

Alice Donut

(アリス・ドーナッツ)

トーマス・アントナのけたたましいヴォーカルを中心に、長期に渡る活動を続けたアリス・ドーナッツは、ミュージシャンから称賛されるが、商業的には成功を得られなかった。89年、ニューヨークから登場した彼らはデッド・ケネディーズのジェロ・ビアフラに勧められ、ビアフラ主宰のレーベル<オルタナティヴ・テンタクルズ>から2枚のパンク・ロック(時にはジョークにも近い)アルバムを発表。90年、サウンドに磨きをかけたグループは(彼らなりに)一般的なパンクに近いサウンドを実現したが、社会風刺的な歌詞は変らないままだった。そして91年に発表された『リベンジ・ファンタジーズ・オブ・ザ・インポーテント』を始めとする後期の作品には3本のギターと少し落ち着いたアントナのボーカルをフィーチャーし、芸術的に大きく前進するが、バンドは95年に解散となっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版