>  >  >  > 1910 Fruitgum Companyの情報

1910 Fruitgum Companyの情報

(ナインティーンテン・フルーツガム・カンパニー)

<ブッタ・レコード>から68年にデビューしたソフト・ロック・グループ。たった2年という短い活動期間のなか、5枚ものアルバムを残している。それもそのはず制作/プロデュース/楽曲などは全てレコード会社の仕切りで、どちらかというと"作られた"グループの匂いが濃厚なのだ。
日本では『サザエさん』の歌の元ネタとして知られる「bubble gum world」の初ヒットを皮切りに「1-2-3 Red Light」「Indian Giver」などがチャート上位にまで上昇。どのナンバーもお金がふんだんにかけられたゴージャスなプロダクションが眩し過ぎる出来で、ソフト・ロック・ファンなら絶対にツボ。ラスト・アルバムのファズ・ギターやムーグによるふっきれたようなサイケデリック・サウンドもなかなかイケる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版