>  >  > ジャニーズ「和」テイスト曲増加?

嵐、関ジャニ∞、NEWS……「和」テイストのジャニーズ楽曲はなぜ増えている?

関連タグ
NEWS
アイドル
ジャニーズ
高橋梓
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨今、日本の音楽シーンはK-POPやEDMが流行しており、電子音が用いられる事が非常に多い。ジャニーズの中でもKis-My-Ft2をはじめ、ジャニーズWESTやKAT-TUNなど、K-POP風・EDM風の楽曲を発表しているグループが多々ある。しかし、それとは逆行するように「和」をテーマにした楽曲も多く発表されている。今回は、ジャニーズの曲の中で「和」をテーマにしている曲をご紹介していきたいと思う。

嵐「心の空」

realsound-arashith_.jpg

(C)タナカケンイチ

 嵐の14枚目のアルバム『Japonism』のリード曲である「心の空」の作詞・作曲・編曲は、布袋寅泰が手がけている。和太鼓や三味線などの和楽器をふんだんに取り入れつつも、布袋のギターをアクセントにしたまとまりのある和風の楽曲に仕上がっていると思う。MVではメンバーが和装に身を包み、魅力をあますところなく発揮している。中でも注目したいのがダンスである。出だし部分やサビ部分、間奏部分などは、関ジャニ∞の『キング オブ 男!』を彷彿させる男らしさを全面に出し、力強いダンスを5人全員で踊っている。一方、メロ部分は繊細な音作りに合わせるかのような優雅なダンスを見ることができる。指先まで神経を使った手の振付けで、さながら女形の舞のようでもある。1曲の中で2つの表情を見て取れる「心の空」は、器用に何でもこなしてしまう国民的アイドル・嵐だからこそ表現できる和が隠されているのだろう。

関ジャニ∞「韻踏ィニティ」

realsound-kannjyani-eigtth_.jpg

(C)タナカケンイチ

 コンサート『関ジャニ∞の元気が出るLIVE!!』では「WASABI」と共にダンス曲として披露され、多くのファンの目を釘付けにした「韻踏ィニティ」。全体を通して電子音やギター音が目立つ曲ではあるが、ポイントとして琴が使われていたり、歌謡曲テイストなメロディーラインが付けられているなど、「和ロック」とも言える仕上がりになっている。「韻踏ィニティ」といえば、その歌詞にも注目が集まった。曲の出だしから「エイター」とファンへの呼びかけがなされており、<俺んとこ来いや 行かんといて 浮気お嬢さん!!>という歌詞が続く。これが「他のグループに担降りしないでほしい」という関ジャニ∞からのメッセージなのでは? と話題を呼んだのだ。ロック・エレクトロ・和・メッセージ性が詰まった「韻踏ィニティ」は、ワチャワチャした関ジャニ∞らしい楽曲と言えよう。

     
  • 1
  •  

「嵐、関ジャニ∞、NEWS……「和」テイストのジャニーズ楽曲はなぜ増えている?」のページです。NEWSアイドルジャニーズ高橋梓の最新ニュースで音楽シーンをもっと楽しく!「リアルサウンド」は、音楽とホンネで向き合う人たちのための、音楽・アーティスト情報、作品レビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版