>  > AKB柏木の適当ぶりに若手メン呆然

AKB48・柏木由紀の適当ぶりに、若手メンバー呆然 川本紗矢「そんな大人にならないようにと思いました」

関連タグ
AKB48
AKB48の今夜はお泊まりッ
JPOP
アイドル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AKB48の冠番組『AKB48の今夜はお泊まりッ』(日本テレビ系)が10月6日に放送された。

 同番組は、AKB48グループの次世代メンバーが、お泊まり会をコンセプトにパジャマ姿でちょっぴり危険なトークを展開するというもの。

 番組序盤、『私の身近にいるダメな大人』というトークテーマについて、AKB48・川本紗矢が“超適当な先輩メンバー”として柏木由紀の名前を挙げ、柏木のポジションを務めた際に「どうやって動いたら次の位置に行けるんですか?」と尋ねると、柏木に「うーん、私も分かんない。適当」と言われたことを明かし、続けて川本は「そんな大人にはならないようにしようと思いました」と話した。MCのおぎやはぎ・小木博明はトークの短さに「え? 終わったんだ?」とコメントし、AKBメンバーは「厳しい!」と嘆いてた。

 トークテーマが変わり、『握手会でのとっておきの技』ではHKT48・矢吹奈子が“狙うのは○○”として、「私、元々さしこちゃん(指原莉乃)のファンだったんですけど、握手に行った時に私がまだ小さかったので、お母さんが後ろから付き添いで付いてきてくれてたんですけど。さしこちゃんが『わざわざお母さんまでありがとうございます』って握手券を買ってないお母さんにまで握手してくれてて、私もその技を使ってお母さんにも握手してあげています」と明かした。すると、おぎやはぎ・矢作兼が「実際にお金出すのはお母さんだからね。それも計算のうちでしょ?」と問うと、矢吹は笑いながら頷いていた。

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版