>  >  > Google音楽サービスの使用感は?

Google Play Music、Apple Musicに続き日本上陸 小野島大に聞く、サービス内容と今後の課題

関連タグ
ストリーミング
デジタル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20150908-gpm2.jpg

Google Play Music トップチャート画面

 今年5月のAWAを皮切りに、LINE MUSIC、Apple Musicと次々と音楽ストリーミングサービスが登場する中、9月3日、日本にまた新たな音楽ストリーミングサービスが誕生した。インターネット最大手Googleが手がける音楽サービス『Google Play Music』である。日本における4大音楽サービスが出揃ったこのタイミングで、Google Play Musicについてふれておきたい。

 Google Play Musicは、これまで世界各国でサービスを提供しており、日本でのサービス開始は60カ国目にあたる。国内外のレーベルの楽曲を3500万曲以上揃え、Android、iOS、PCなど、どの端末からも無制限にアクセスができる。料金は、月額980円。登録後30日間は無料でサービスを試すことができ、10月18日までの申込みで月額780円が適用となる特別プランが用意されている。

 今回のGoogle Play Musicサービス開始について、電子書籍『音楽配信はどこへ向かう?』(impress QuickBooks)の著者である小野島大氏に話を聞いた。

「ざっとした印象では、これまでのさまざまなストリーミング系サービスをうまく研究して、それらの良いところを取り入れながらつくっているな、というかんじです。すでに多くの国で導入されている実績と、しかも日本で先行して始まったいくつかのサービスを見ながら、いいところだけをまとめてつくったサービスといえるでしょう。全体的にそつなくできている印象ですね」

 Google Play Musicのインターフェースで目につくのは「音楽アップロード」の項目ではないだろうか。自分のPC内の音楽データを5万曲まで無料でアップロードして、Google Play Musicで再生できる機能だ。また、それらの楽曲はGoogle Play Musicの楽曲とあわせてプレイリストに追加することもできる。

「インターフェースはとてもわかりやすく、操作もスムーズです。特に注文をつけるところはないと思います。音楽アップロード機能はApple Musicにもありますが、AppleよりGoogleのほうがわかりやすい印象がありますね。5万曲が多いか少ないかは人それぞれで、私にとってはすこし少ないと感じますが、一般的なユーザーであれば十分なのでは。また、Googleのアカウントが使える端末であれば、PCでもスマートフォンでも、どこでもその5万曲を再生できるというのはかなり便利だと思います」

 また、現状Google Play Musicが他社よりリードしている点が2つあるという。

「Google Play Musicの記者会見に出席した際、日本の各レコードメーカーの責任者が登壇するなど全面的に協力していることをアピールしていました。日本のレコード各社はApple Musicに対してはやや警戒心を抱いているような気もするので、そういう点でGoogleはうまくやっているな、と。また、いろいろな機器で横断的に使えるという機能は他社より一歩リードしています。しかし、それもある程度時間が経ったら各社横並びになってくるでしょう」

 日本で音楽ストリーミングサービスがスタートして2〜3カ月が経過した今、同氏は各サービスをどのように捉えているのだろうか。

「ヘビーユーザーとは言えませんが、仕事で音楽を聴く際にApple Musicを使っています。主に過去の作品を探して聴くツールとして使うので、私は配信楽曲と使い勝手で選んでいますね。現状どのサービスも基本的な機能で大差はないかと思います。ユーザーがサービスになにを求めるかによりますので、一概にどれが優れているということは言えないです。無料のお試し期間終了後となる今後の取り組みこそ、各社苦労していく点ではあるかと思います」

     
  • 1
  •  

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版