the brilliant greenの記事一覧

(7件)

98年にリリースされたシングル「There will be love there」がドラマの主題歌として起用され、ダブル・プラチナに輝くセールスを記録。一躍その名を轟かせたthe brilliant greenは、そこから遡ること3年前——高校のクラスメイトだった奥田俊作(b)と松井亮(g)が、ライヴハウスで歌っていた川瀬智子(vo)をスカウトし結成された。そして、97年にセルフ・プロデュースかつ全英語詞という、新人としては異例な形態のマキシ・シングル「Bye Bye Mr. Mug」でメジャー・デビューして以降、順調にシングル・ヒットを生み出していく。<Sony Music>より、シングル17枚とオリジナル・アルバム5枚、ベスト・アルバム1枚をリリース後、10年2月に発売されたシングル「LIKE YESTERDAY」で<ワーナー・ミュージック・ジャパン>へ移籍。そして3ヶ月が経過した5月10日、オフィシャル・サイトにて一身上の都合により松井亮(g)の脱退が発表された。現在は、川瀬智子と奥田俊作の2人体制で活動中。アルバム作品を聴いていると、実はこのバンドが純然たるギター・バンドであることに気づかされるだろう。涙腺を震わす切なくもロマンティックなヴォーカルTOMMY(川瀬の愛称)歌声。情緒溢れる美しい詞世界。頭を離れないくせになる独特なメロディー。厚く、重く、しかしキラキラと心地良いサウンド・メイク。UK/USのギター・バンドから吸収した素材に、ジャパニーズ・ライクなメロディをまんまと組み込んで極上ポップに仕立てる、その手腕は見事である。常にトップ・クォリティーの音楽を提供し続ける日本の“POP MANUFACTURE”——それがブリグリなのだ。

the brilliant green、“本格再始動”の意義 音楽シーンに変革期は再び訪れるか?

the brilliant green、“本格再始動”の意義 音楽シーンに変革期は再び訪れるか?

the brilliant green、神宮外苑花火大会に出演決定 4年ぶり本格再始動

the brilliant green、神宮外苑花火大会に出演決定 4年ぶり本格再始動

the brilliant greenの音楽はなぜ色褪せないのか 新作アルバムに見る「楽曲の強度」

the brilliant greenの音楽はなぜ色褪せないのか 新作アルバムに見る「楽曲の強度」

the brilliant green、セルフカバーベストに先駆け新曲を配信 発売日にはニコ生での放送も

the brilliant green、セルフカバーベストに先駆け新曲を配信 発売日にはニコ生での放送も

神田沙也加、新ユニット結成の意図は? デビューライブで見せた“アーティスト”としての可能性

神田沙也加、新ユニット結成の意図は? デビューライブで見せた“アーティスト”としての可能性

the brilliant green、セルフカバーベストで新曲発表 7年ぶりのフェス出演でも披露されるか? 

the brilliant green、セルフカバーベストで新曲発表 7年ぶりのフェス出演でも披露されるか? 

the brilliant green、3年半ぶりに活動再開 ライブ盤とオリジナルアルバムの2枚発表へ

the brilliant green、3年半ぶりに活動再開 ライブ盤とオリジナルアルバムの2枚発表へ

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版