アンジェラ・アキの記事一覧

(4件)

美しい顔立ちに黒メガネというルックス、シンプルなピアノ弾き語りで聴かせる抜群の歌唱力——。シーンへの登場と共に、瞬く間に人気を集めた女性シンガー・ソングライター、アンジェラ・アキ。
日本人の父とイタリア系アメリカ人の母を持つ彼女は、徳島県に生まれ、15〜27歳までの12年間はアメリカに在住していた経歴を持つ。04年に帰国後、日本での音楽活動を開始し、シングル「HOME」(05年)でデビュー。3rdシングル「Kiss Me Good-Bye」はゲームソフト『ファイナルファンタジーXII』挿入歌に起用され、幅広い層に彼女の名を知らしめることとなった。
06年リリースの1stアルバム『Home』は、オリコンチャート2位という新人としては異例の60万枚を超えるヒットを記録(ちなみにその時の1位は宇多田ヒカル『ULTRA BLUE』)。年末には武道館史上初となるピアノ弾き語りライヴを成功させ、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす。
07年9月に2ndアルバム『TODAY』をリリースし、自身初のオリコン・ウィークリー・チャート1位を獲得。その後、08年9月に発表した8thシングル「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」が、第75回NHK全国学校音楽コンクール“中学校の部”課題曲となり、ゴールド・ディスクを獲得するなど、アーティストとしてのキャリアを着々と積み重ねている。そして09年2月には待望の3rdアルバム『ANSWER』をリリース。確かな実力を感じさせるダイナミズム溢れる弾き語りの迫力と、端正な顔立ちとはうらはらな徳島弁による軽快なトークも人気の秘密の一端だろう。

アンジェラ・アキは、武道館公演で10年間の活動をどう締め括ったか 稀有なアーティスト性を分析

アンジェラ・アキは、武道館公演で10年間の活動をどう締め括ったか 稀有なアーティスト性を分析

SMAP中居『Mステ』でセカオワに突っ込み「“NAKAI NO OWARI”みてーじゃん」

SMAP中居『Mステ』でセカオワに突っ込み「“NAKAI NO OWARI”みてーじゃん」

Eテレ新番組『亀田音楽専門学校』が面白すぎ! 椎名林檎の曲にも使われた“イントロ術”とは

Eテレ新番組『亀田音楽専門学校』が面白すぎ! 椎名林檎の曲にも使われた“イントロ術”とは

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版