安田顕、“おじさん請負人”としての華麗な仕事ぶり 長年のキャリアで築いた芝居の引き出し

安田顕が演じる“おじさん”はなぜ魅力的?

 世の中には、色んなタイプの“おじさん”がいる。頑固で少し面倒臭いおじさん、ダンディでカッコいいおじさん、お茶目でみんなに癒しを与えるおじさんなど、特にドラマに登場するおじさんはバラエティ豊かで飽きがこない。

 そのどれを演じても不思議とハマるのが、安田顕だ。きっと誰の心にも、安田が演じたベスト1おじさんがいることだろう。あまりにたくさん思い浮かぶので答えに迷うが、4月6日にスペシャルドラマとして一夜限りの復活を果たす『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日系)の察時美幸は、少なからず筆者の5本の指に入る。

 本作は、祖父から受け継いだ時計店を切り盛りする美谷時乃(浜辺美波)が、1回5000円で“アリバイ崩し”を引き受け、自宅の離れに下宿する管理官の察時との凸凹バディで難事件に挑む謎解きミステリー。

 2020年1月期に放送され、「時間にまつわる仕事だから、時計店で働く者こそアリバイの問題を扱うにふさわしい」という信念を持つ時乃によって完璧に思えたアリバイが崩れていく新感覚の気持ち良さもさることながら、個性が強い登場人物たちのコミカルなかけ合いが人気を博した。特に、“ある意味”相性ぴったりな時乃と察時のやりとりには何度ニヤニヤさせられたことだろう。

 察時は一見、扱いづらいおじさんだ。警視庁で問題を起こして地方の県警に左遷されてきた元キャリア。そのわりにプライドだけは高く、偏屈で愛想がない。そんな察時が、娘ほど年の離れた時乃に振り回されているうちに次々と愛すべき一面が見えてきた。

 一人で事件を解決しようとするが、結局は時乃を頼る羽目になり、他の刑事にバレないかヒヤヒヤしながらも、いつも張り合っている雄馬(成田凌)の前ではつい見栄を張ってしまう察時。周りの警察官からウザがられ、妻には頭が上がらないという、滑稽さと哀愁が入り混じるキャラクターだが、これが演じ手に「どう面白いでしょ?」「こういうおじさんにみんな弱いでしょ?」みたいな感じが透けて見えると途端に白けてしまう。その点、安田はコミカル度合いを行き過ぎない範囲に留めており、左遷されるまではエリートコースを歩んできた察時の威厳もしっかりと表現されていた。長年の俳優としての経験がなせる技だろう。

 前述したように、これまでも色んなタイプのおじさんを演じてきた安田。『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(フジテレビ系)ではわずかな出演ながらも、若い婚約者にねっとりとした視線を送る変態性のある演技でインパクトを残し、『しもべえ』(NHK総合)では、全く喋らないおじさんの役にもかかわらず、不思議と言いたいことが伝わってくる表現力を見せつけた。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる