Snow Man 宮舘涼太 、夢を叶える『大奥』への出演 相思相愛な亀梨和也との共演にも注目

 Snow Manの宮舘涼太が、2024年1月からフジテレビ系で放送されるドラマ『大奥』に出演することが決定した。

 本作は、さまざまな人間の思惑、嫉妬、憎悪、悲哀が渦巻く女の社会の縮図・大奥で、たった一つの愛を得ようともがく女たちの闘いを描く物語。2019年に『大奥』シリーズの完結作として放送されたフジテレビ開局60周年特別企画『大奥 最終章』以来約5年ぶりに、世代を超えて長きに渡り愛されてきた『大奥』が、儚いラブストーリーとして帰ってくる。フジテレビの連続ドラマとしては、2005年に放送された『大奥~華の乱~』以来、約20年ぶりの復活となる。主演を務めるのは小芝風花。そのほか、亀梨和也、西野七瀬、森川葵が出演することが発表されている。

Snow Man 宮舘涼太 、『大奥』で初の連ドラレギュラー出演 先輩・亀梨和也のライバル役に

2024年1月期のフジテレビ木曜劇場枠で放送される小芝風花主演ドラマ『大奥』に宮舘涼太(Snow Man)が出演することが決定し…

 宮舘が演じるのは、徳川(田安)宗武の息子で白河藩藩主の松平定信。定信は徳川将軍家の血を引く家治(亀梨和也)のいとこであり、倫子(小芝風花)と家治の婚儀にも顔を見せる。だが、定信は幼い頃に養子に出された過去があり、今も胸の内にある思いを秘めていた。家治とはライバル関係にある定信は、家治の正室となる倫子に対してもある思いを抱えていて……。

 “舘さま”という愛称で知られている宮舘の堂々としていて気品ある仕草は、貴族っぽさを感じさせるが、実は本人が長らく目標としてきたのは時代劇への出演だった。宮舘は、2018年に放送されたドラマ『ぬけまいる〜女三人伊勢参り』(NHK総合)で初のドラマ出演と時代劇出演を果たしたが、その後も好きな殺陣で目一杯戦うことや大河ドラマに出演することを目標としてきた。本作では、その時代劇で初の連続ドラマレギュラー出演を叶えることになる。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる