『うちの弁護士は手がかかる』ドスのきいた声で睨むムロツヨシに戦慄 渡邊圭祐の名演も

『うち弁』ドスのきいた声で睨むムロツヨシ

 改めて、表に出る方ではない、光の当たらない裏方がこの世界を支えているというのが『うちの弁護士は手がかかる』のコンセプト。第1話に続き、第2話でも決着をつける蔵前を確認し、天野の「以上です」というセリフが事件を締めくくる合図となっている。

 裏方の裏方として存在感を放っているのが、安藤カオリ(安達祐実)。蔵前の元マネージャー仲間、だけでは終わらない2人には異様な距離の近さがあるが、人付き合いに難のある天野への対応の仕方にアドバイスをしているのは安藤だ。ほろ酔いさせたら右に出るものはいない安達祐実の心憎い芝居が爆発している。

 そして香澄法律事務所と敵対関係にあるのが、天野法律事務所。弁護士の天野さくら(江口のりこ)は、天野杏と異母姉妹の関係性にあたる。第1話での「勝ったの? 負けたの?」、第2話の「まだ続く? その言い訳」と口数は決して多くはないが、だからこそ“ボス姉”としてこの先、杏と蔵前の前に立ちはだかる未来が容易に想像がつくキャラクターだ。

■放送情報
『うちの弁護士は手がかかる』
フジテレビ系にて、毎週金曜21:00〜21:58放送
出演:ムロツヨシ、平手友梨奈、吉瀬美智子、菅野莉央、日向 亘、安達祐実、村川絵梨、松尾諭、大倉孝二、酒向芳、戸田恵子、江口のりこほか
脚本:服部隆、おかざきさとこ、西垣匡基
演出:瑠東東一郎、相沢秀幸
プロデュース:金城綾香
主題歌:ザ・ローリング・ストーンズ「アングリー」(ユニバーサル ミュージック)
制作:フジテレビ ドラマ・映画制作部
制作著作:フジテレビジョン
©︎フジテレビ
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/uchiben_kin9/
公式X(旧Twitter):@uchiben_kin9_cx
公式Instagram:@uchiben_kin9_cx

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる