『ちむどんどん』縁談はカオスな展開へ 金吾と善一さんの幸せを願ってやまない

『ちむどんどん』良子の縁談はカオスな展開へ

 『ちむどんどん』(NHK総合)第34話でついに始まった、比嘉家と喜納家の顔合わせ。金吾(渡辺大知)はしっかり、改めて良子(川口春奈)にプロポーズしようと指輪を取り出した。良い男だなあ、と思ったのも束の間、そこに現れたのは博夫(山田裕貴)だった。これは非常にまずい。

 なぜなら賢秀(竜星涼)が事前に金吾の父親・銀蔵(不破万作)に「良子の元彼の“中村”がしつこい男なので、手切金を用意しろ」と詐欺を働いていたからだ。銀蔵的には「本当に未練のある男がやってきた!」という展開なのだが、賢秀は慌てふためく。そして博夫を無理矢理「中村」呼ばわりしながら、「お前がだらしないんだ!」と彼を責め立てた。この世で一番、賢秀にだけは言われたくないセリフである。

 博夫にとっても、突然良子の兄が意味不明なことを口走りながら攻撃してくるので、かなり怖い展開だ。しかし、なぜか彼の言葉が響き、「確かに」なんて言いながら「でも、もう一度良子さんとお話がしたくて」と食い下がらない。両者、取っ組み合いになるも喧嘩に強く“ボクサー”の賢秀をあっさりと倒す博夫。それくらい彼の気持ちが強いという意味でもあるし、打たれるのがいやでボクサーをやめた賢秀は、本当にディフェンスが弱いということだ。

 確かに、博夫はこれまでも何度も良子の好意に気づくタイミングがあったし、何なら暗黙の両思いでいたはずだった。それなのに、他の女の子にもはっきりしない態度を取り、完全に受け身だったのである。良子はたくさんそれに対して悩んで、苦しんできた。でも、博夫のことが最初からずっと大好きだった。そんな妹がようやく出した決断、つまり金吾との結婚でさえ詐欺に利用する賢秀に「良子を間違いなく幸せにできると約束するか?」と問う資格はない。

 「月とすっぽん」「だからよ、誰もお前の話を聞きたくないわけ」と、よく知りもしない妹の好きな人に酷い言葉で口撃していくこともすごいが、「大事な大事な妹なのよ」という言葉の軽薄さには目を見張るものがある。彼は、決して妹のために今必死になっているのではない。家族の前で、妹を生贄に金を手に入れようとした自分の悪行が暴かれることを恐れた保身でしかないから。

「必ず幸せにしてみせます。良子、俺と結婚してくれ。お母さん、お願いします。良子さんを、僕にください」

 博夫がそこまで言い切った時、良子の瞳から涙がこぼれ落ちる。「ぽってかす。なんで今更、もう遅い。うちがどれだけ今まで……遅すぎだよ」と、良子は怒りをあらわにした。しかし振り返ると金吾に謝り、博夫と結婚することを決意する。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる