増田貴久、日曜劇場『オールドルーキー』出演 綾野剛から「やっと共演できてうれしい!」

増田貴久、日曜劇場『オールドルーキー』出演

 綾野剛が主演を務める7月期TBS日曜劇場『オールドルーキー』に増田貴久が出演することが決定した。

 本作は、サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた主人公が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであり、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。TBSドラマは2002年放送の『真夜中の雨』ぶりとなる福田靖が完全オリジナル脚本で手がけ、主人公・新町亮太郎役で綾野が日曜劇場初主演を務める。

 新町(綾野剛)は、サッカーに人生をかけてきた底抜けに明るいプロサッカー選手だったが、怪我の影響で低迷し、J3のチームに所属後、37歳で現役引退に追い込まれる。社会人デビューとしてはあまりに遅すぎる新町がどん底の中で出会ったのは、スポーツマネージメント会社「ビクトリー」。サッカーを心底愛し、スポーツを誰よりもリスペクトしているからこそ、新町は現役アスリートの代理人やマネージメントを行う、いわば裏方として働く決意をする。

 5月23日以降、出演者が毎日発表されている本作。高橋克実、稲垣来泉、泉谷星奈、岡崎紗絵に続き6人目の発表となった増田がTBSの連続ドラマに出演するのは、『3年B組金八先生』(2001年)を皮切りに今作で8作目。最後に出演した『レジデント〜5人の研修医』(2012年)から10年ぶりの出演となる。

 増田が演じるのは、主人公が働くことになる「ビクトリー」のエース・梅屋敷聡太。梅屋敷はなんでもソツなくこなし、コミュニケーション能力が高い、自他ともに認める会社のエース。しかし、自身の学歴に激しくコンプレックスを持っているため、仕事がうまくいった同僚や、自分より優れた後輩を猛烈にライバル視する。梅屋敷が仕事にかける情熱やその背景が明らかになるとき、どのような彼の葛藤が見えてくるのか。

増田貴久 コメント

久しぶりにTBSのドラマに呼んでいただけてうれしいです!
(綾野)剛君とは前からお友達で「やっと共演できてうれしい! まっすんの作品色々見てたよー!」と声をかけてもらいました。
この作品の素晴らしさを伝える1つのピースとして、精一杯頑張ります。

■放送情報
日曜劇場『オールドルーキー』
TBS系にて、7月スタート 毎週日曜21:00~21:54放送
出演:綾野剛、岡崎紗絵、増田貴久、稲垣来泉、泉谷星奈、高橋克実
脚本:福田靖
演出:石井康晴
プロデュース:関川友理、松本明子
編成:東仲恵吾
製作:TBSスパークル、TBS
(c)TBS
公式Twitter:@oldrookie_tbs
公式Instagram:oldrookie_tbs



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる