朝も夜も市川実日子ラッシュ! 『カムカムエヴリバディ』『DCU』で物語を彩る存在に

朝も夜も市川実日子ラッシュ!

 現在、朝も夜もお茶の間に姿を見せている市川実日子。朝には、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK総合/以下『カムカム』)で演じる“ベリー”として、夜には、日曜劇場『DCU』(TBS系)で演じる“真子”としてだ。これまでにさまざまなタイプの人気キャラクターを生み出してきた市川とあって、彼女の好演に期待を寄せている方も多いのではないだろうか。

 市川といえば、姉の実和子とともに90年代はモデルとして名を馳せ、2000年代に入ると映画界で頭角を現したことはよく知られている。姉・実和子はキャリア初期に『アナザヘヴン』(2000年)や『リリイ・シュシュのすべて』(2001年)などの当時の話題作に顔を見せており、昨年は田中みな実の映画初主演作『ずっと独身でいるつもり?』に登場、今年は松居大悟監督による新作『ちょっと思い出しただけ』の公開が控えている。妹・実日子の代表作には、魚喃キリコの漫画を映画化した『blue』(2002年)があるし、近年は国内外で称賛されたサスペンス『よこがお』(2017年)で物語のキーパーソンを担い、『罪の声』(2020年)での静かな好演も記憶に新しいところ。そしていま、実日子の方はテレビドラマでの活躍も顕著なのだ。

 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈ら三名の俳優がそれぞれにヒロインを演じ、三世代の女性たちの物語を描く『カムカム』。本作で市川演じるベリーこと一子が姿を見せたのは、深津演じる“るい”がヒロインのパートに入ってからのこと。岡山を飛び出して大阪にやってきたるいが、ふいに飛び込んだジャズ喫茶で二人は出会ったのだ。とはいうものの、ファーストインプレッションはあまりいいものではなかった。ベリーはステージ上でトランペットを吹くジョー(オダギリジョー)に思いを寄せている、ジャズ喫茶の常連。ジョーのために彼女は通いつめていたにもかかわらず、この場でのヒロインの座を、あっさりとるいに奪われてしまったのである(ヒロイン視していたのは、彼女自身だけだろうが……)。これがベリーにしてみれば面白くなかったわけだ。るいに対して嫌がらせをするわけではないが、彼女は冷たく厳しい態度を取っていた。

カムカムエヴリバディ

 るいとベリーの性格は対照的。るいは控えめで自分に自信がなく、ベリーは勝気な自信家だ。このポジションに市川がついたことで、るいの成長物語の盛り上がりに貢献していると思う。ベリーが恋敵としてるいに絡むことで、るいは新しい感情を覚えたし、ベリーが突っかかってくるからといって、るいはそのすべてに真剣に取り合ったわけではない。ベリーのアクションの濃さ、るいのリアクションの薄さ。これが視聴者からちょっとした笑いを引き出すこともあったのではないだろうか。



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる