国外追放を命じられた男が家族と離れないために奔走 『ブルー・バイユー』予告編公開

 2月11日公開映画『ブルー・バイユー』の予告編が公開された。

 本作は、映画『トワイライト』シリーズなどに俳優として出演し、監督としても2017年サンダンス映画祭観客賞NEXT部門、2018年インディペンデント・スピリット賞Someone to Watch Awardなど数々の賞を受賞したが監督・脚本・主演を務めた人間ドラマ。『リリーのすべて』で第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデルが共演を果たした。

 韓国で生まれ、3歳の時に養子としてアメリカに連れてこられたアントニオ(ジャスティン・チョン)は、シングルマザーのキャシー(アリシア・ヴィキャンデル)と結婚し、娘のジェシーと3人で貧しいながらも幸せに暮らしていた。ある時、些細なことで警官とトラブルを起こし逮捕されたアントニオは、30年以上前の書類の不備で移⺠局へと連行され、強制送還されて二度と戻れない危機に瀕してしまう。キャシーは裁判を起こして異議を申し立てようとするが、最低でも費用が5千ドルかかることがわかり途方に暮れる。

映画『ブルー・バイユー』予告編

 公開された予告編には、妻のキャシー、幼い娘のジェシーと共に家族3人で幸せに暮らしていたアントニオが、些細なトラブルがきっかけで移民局へと連行され、強制送還の危機に直面する場面が切り取られている。韓国で生まれ、3歳でアメリカに養子に出されたアントニオは、アメリカからの国外追放を命じられるが、家族とは離れないと決心し、ある決断を下す。一方、幼いジェシーはアントニオが遠くへ行ってしまうのかと不安を抱え、キャシーは「あなたとならどこへでも行く。怖くなんかない」とアントニオを支えつつ、一緒にアメリカで暮らす方法を探して奔走する。果たして、アントニオ達は家族3人で共に暮らすことができるのか。映像の最後には、「家族と共に暮らしたい。ただ、それだけ。」というコピーが映し出される。

■公開情報
『ブルー・バイユー』
2月11日(金)TOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー
監督・脚本・主演:ジャスティン・チョン
出演:アリシア・ヴィキャンデル、マーク・オブライエン、リン・ダン・ファム、エモリー・コーエン
配給:パルコ、ユニバーサル映画
2021年/アメリカ/原題:Blue Bayou
(c)2021 Focus Features, LLC.



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる