ポール・ダノ演じるリドラーが登場 『THE BATMAN』特別映像&新場面写真公開

『ザ・バットマン』リドラー特別映像&新写真

 3月11日に劇場公開されるDC映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』の特別映像と新場面写真が公開された。

 本作は、クリストファー・ノーラン監督による『ダ ークナイト』トリロジー以来となるバットマンの単独映画。知能犯リドラーが社会に蔓延した“嘘”を暴いていく物語で、最後の標的は、若き日の青年ブルース。彼の“嘘”が暴かれ、本性が狂気に変貌していく姿が描かれる。

 ブルース・ウェインを演じるのは、『ハリー・ポッター』シリーズや『トワイライト』シリーズ、『TENET テネット』などのロバート・パティンソン。未熟で、善と悪の間で揺らぐ人間味あふれるバットマンに挑む。監督・脚本を務めるのは、『クローバーフィールド/HAKAISHA』や『猿の惑星:新世紀』『猿の惑星:聖戦記』のマット・リーヴス。

 公開された場面写真では、ポール・ダノ演じる、数々の謎解きを仕掛ける史上最狂の知能犯リドラーの姿が切り取られている。

映画『THE BATMAN-ザ・バットマン-』特別映像

 特別映像では、「この謎が解けるか」という挑戦的なメッセージとともに、リドラーによる犠牲者が映し出される。そして、「君とボクで“なぞなぞ”をしよう」とブルースに語りかけるリドラーの姿が。リドラーが仕掛ける謎解きに翻弄され、次第に狂気に染まっていくブルース。果たしてブルースが隠す嘘とは。謎解きの先に待ち受けるものとは。

 街にはこびる腐敗や悪を追うブルースが、なぜ“バットマン”になろうとしているのか、何のための戦いなのかー“バットマン”として生きることを決意する彼の成長過程にフォーカスされた本作で、政治家や警察ばかりを狙う連続殺人事件が発生し、「嘘はもうたくさん」と謎のメッセージが残される。その最後の標的となったのは、ブルース・ウェイン=バットマン。知能犯リドラーは力でねじ伏せるのではなく、なぞなぞを仕掛けては、街全体を巻き込み、SNSで拡散。やがて人々をも扇動し、ブルースを追い詰めていく。リドラーと名乗る男は一体何が目的なのか、なぜブルースへこだわり続けるのか。そして世界を揺るがす真実があらわになっていく。リドラーを演じたダノは「この映画にはひとつのシーンから次に繋がるドミノ効果がある。とても推進力がありパワフルだ」とコメントを寄せている。

 また、「#バットマンと謎解き キャンペーン」(https://thebatman-riddle-cp.jp/)が1月17日よりスタート。昨年末に配信された佐藤健YouTubeチャンネル「ヒラメック25」や、東京都内で謎解き店舗を展開するリアル謎解きゲーム制作団体 Tumbleweed(タンブルウィード)がスポットの謎解き制作を手がけた。

■公開情報
『THE BATMAN-ザ・バットマン-』
3月11日(金)劇場公開
監督:マット・リーヴス
脚本:マット・リーヴス、マットソン・トムリン
出演:ロバート・パティンソン、コリン・ファレル、ポール・ダノ、ゾーイ・クラヴィッツ、ジョン・タトゥーロ、アンディ・サーキス、ジェフリー・ライトほか
配給:ワーナー・ブラザース
(c)2021 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (c)DC
公式サイト:thebatman-movie.jp



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる