ホアキン・フェニックス主演『カモン カモン』4月公開決定 マイク・ミルズとA24がタッグ

 マイク・ミルズが監督・脚本を務めたホアキン・フェニックスが主演映画『C’MON C’MON(原題)』が、『カモン カモン』の邦題で4月よりTOHOシネマズ 日比谷ほかにて全国公開されることが決定した。

カモン カモン

 A24製作の本作は、突然始まった甥っ子との共同生活、戸惑いと衝突、想定外から生まれた奇跡の日々が愛おしさに変わるまでを描くヒューマンドラマ。NYでシングルライフを送るジョニーは、子供たちへのインタビューを仕事とするラジオジャーナリスト。LAに住む妹から頼まれ、9歳の甥・ジェシーの面倒を数日間みることに。突然始まった共同生活は戸惑いの連続だったが、2人はぶつかりながらも歩み寄ろうとする。

 『人生はビギナーズ』『20センチュリー・ウーマン』などを手がけてきたミルズ監督は、自身の子供をお風呂にいれている時に本作の着想を得たと語る。

 子供に振り回される主人公ジョニーを演じたのは、『インヒアレント・ヴァイス』『ジョーカー』のフェニックス。好奇心旺盛で少し風変りな甥・ジェシーを演じる新星ウッディ・ノーマンと掛け合いを見せる。『ムーンライト』『レディ・バード』『ミッドサマー』など数々の話題作を生み出してきたスタジオ・A24とフェニックス、そしてミルズ監督は今回が初タッグとなる。さらに劇中には、フェニックス自らが聞き手となり、アメリカ各地の子供たちへに「君を幸せにするものは?」「未来に希望を持ってる?」とインタビューした映像も散りばめられている。

 モノクロームの撮影を手がけたのは、『女王陛下のお気に入り』でアカデミー賞ノミネー
トを果たしたロビー・ライアン。アメリカのロックバンド、ザ・ナショナルのメンバーであるアーロン・デスナーとブライス・デスナーがサウンドトラックを担当している。

 あわせて日本版ビジュアル3点も公開。ミルズ監督は「ストーリーの大きさを伝えるために3枚用意した。クランクアップの日に、自由にふざけあって撮影したんだ。長い時間を一緒に過ごしたから、俳優同士としても、友達同士としてもとても親密になった二人の関係性がとてもよく表現されている」と3枚のビジュアルについて語っている。

 2人の心が近づいていく瞬間のビジュアルには「君の話を聞かせて」、子供らしく跳びはねているジェシーを見つめるジョニーの複雑な心境が伝わる「大人も子供もどっちもどっち」、そして大人も子供も「大丈夫じゃなくても、大丈夫」とメッセージが込められたコピーがそれぞれ添えられている。グラフィックデザイナー出身のミルズ監督は「日本版ポスターも最高だね! ワンダフル! 何枚か送ってほしいよ!」とコメントを寄せている。

マイク・ミルズ監督 コメント

ポスターはストーリーの大きさを伝えるために3枚用意した。特写は、撮影監督のロビー・ライアンによるもの。ニューオリーンズでのクランクアップの日に撮影したんだ。僕がやりたかったのは、真っ白なバックで、とてもクラシックでシンプルなレベル、リチャード・アヴェドンの写真のようなイメージ。前の夜に打ち上げパーティーがあって、次の朝のポスター撮影は、ホアキン、ウディ、ロビー、僕だけでやったんだけど、ただ自由にふざけあって撮影した。僕がアイディアを出して、ホアキンとウディが勝手に取り入れて遊ぶ。この時までにとても長い時間一緒にいたから、ホアキンとウディは俳優同士としても、友達同士としてもとても親しくなっていて、カメラの前で一緒になる最後のひと時となったこのポスター撮影で、“さよなら”という意味合いも込めて、二人の関係性がとてもよく現れていると思う。日本版ポスターも最高だね! ワンダフル! 何枚か送ってほしいよ!

■公開情報
『カモン カモン』
4月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督・脚本:マイク・ミルズ
出演:ホアキン・フェニックス、ウディ・ノーマン、ギャビー・ホフマン、モリー・ウェブスター、ジャブーキー・ヤング=ホワイト
音楽:アーロン・デスナー、ブライス・デスナー(ザ・ナショナル)
配給:ハピネット ファントム・スタジオ
2021年/アメリカ/108分/ビスタ/5.1ch/モノクロ/原題:C’MON C’MON/日本語字幕:松浦美奈
(c)2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.
公式サイト:happinet-phantom.com/cmoncmon/
公式Twitter:@cmoncmonmoviejp
公式Instagram:@cmoncmonmoviejp



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる