『恋慕』フィ×ジウンの“背負っていくと決めた恋”の行方は? 未来のための戦いが始まる

『恋慕』大切な人たちと離れるフィの戦い

 Netflixで配信中の韓国ドラマ『恋慕』では、幸せの後に悲しいことが起きてしまう。またしても、イ・フィ(パク・ウンビン)は大切な人たちと距離を置かなくてはならなくなった。これは、フィの望む未来を掴むための戦いが本格的に始まったということだ。

 フィとチョン・ジウン(ロウン)はどんなことも背負っていくことを誓い、フィの父イェジョン(イ・ピルモ)が毒殺された証拠を調べていることもあり、一緒にいる時間が増えた。そのため、二人が親密な関係にあるという噂が宮内に広がってしまう。この件で一番の変化を見せたのは、王妃のノ・ハギョン(チョン・チェヨン)だ。天真爛漫な可愛らしいおてんば娘ではなく、いつの間にか一国の王妃としての責任を負った顔つきになっていた。辛い気持ちを抱えながらも、ジウンに王宮から出ていくように伝えたのは、王妃の立場としてフィを守ろうとする立派な姿であった。けれど、フィとジウンが一緒にいるところを目撃すれば涙が流れてしまうし、フィが手を握ってくれるだけで幸せだったのが今はそれだけでは不安になってしまうことが本当の気持ちだろう。王妃だからではなくフィを一人の人間として慕っているからこそ、胸が張り裂けそうなほど深く傷ついている。

 ジウンと婚礼をあげることになった吏曹判書の娘シン・ソンウ(ペ・ユンギョン)もまた同じ立場にいた。ジウンにとってはフィを守るために選んだ道だとしても、ソウンにとっては好きな人と結ばれる心から嬉しいことである。それなのに、自分ではない誰かのために危険を犯して怪我を負い、無意識にフィの名をつぶやくジウンの姿を目の前にするのはあまりにも辛い。フィとジウンが言う“背負っていくと決めた恋”は、ノギョンとソウンの気持ちもしっかり背負っていくことを忘れてはならない。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる