『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家、制作会社とプロデューサーを提訴 利益を巡る争いに

『ボヘミアン・ラプソディ』脚本家が提訴

 映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本家であるアンソニー・マクカーテンが、制作会社であるGK Filmsとプロデューサーのグレアム・キングを提訴した。

 イギリスのロックバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーに焦点をあてた物語である本作は、2018年に公開され、ラミ・マレックの主演男優賞を含む、アカデミー賞4部門を受賞した。

 本作品は約5500万ドルの制作費に対し、全世界で9億ドル以上の興行収入を記録。莫大な利益をあげているように思われるが、今回の訴訟では、配給会社であり、共同プロデューサーの20世紀スタジオが、支払いを回避するため不正会計をしたとされている。

 また、マクカーテンは、20世紀フォックスは純利益の5%を支払う義務があるが、その純利益の定義を不適切に変更していると主張。「低予算の映画が10億ドルに近い興行収入を記録しても、純利益を支払うことができないのなら、今後も支払われることはないでしょう」と訴えている。

 GK Filmsは、『ギャング・オブ・ニューヨーク』や『ヒューゴの不思議な発明』などの映画に出資した実績をもつ独立企業。訴訟によると、同社は、バックエンドの利益をより有利に定義する代わりに、初期予算を低く設定するといわれている。

 興行成績に応じてボーナスを受け取っていたマクカーテンだが、『ボヘミアン・ラプソディ』の執筆料の低さに不満をもち、同社の幹部に電話をしたこともあるという。純利益については、20世紀フォックスから2回、会計報告書を受け取ったようだが、その会計報告書では、1回目の2019年4月では、本作が1億500万ドルの損失を出したと伝えられ、2回目の2021年7月には、5100万ドルの損失となったと記載。実際の興行収入と比較すると違和感がある数字ではある。

 マクカーテンは、GK Filmsが、20世紀フォックスに、純利益について定義づけることを許可しているが、実際に(マクカーテンは)定義について見たことも、同意したこともないと主張している。GK Filmsからのコメントは現状ない。

■作品情報
『ボヘミアン・ラプソディ』
監督:ブライアン・シンガー
音楽プロデューサー:ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー
出演:ラミ・マレック、ルーシー・ボイントン、グウィリム・リー、ベン・ハーディ、ジョセフ・マッゼロ、トム・ホランダー、マイク・マイヤーズ
Motion Picture(c)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation, Regency Entertainment (USA), Inc. and TSG Entertainment Finance LLC in the U.S. only.(c)2018 Twentieth Century



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる