『のほほん』は阿佐ヶ谷姉妹の背景を知るとさらに楽しい 擬似姉妹の個性が見えた第2話

『のほほん』擬似姉妹の個性が見えた第2話

 11月9日放送の『星野源のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)を聴いていたら、オープニングトークに、よるドラ『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(NHK総合)の話題が出てきた。星野源の「上辺の特徴のモノマネじゃなくて、魂を演じてる感じ」という主演を務める木村多江と安藤玉恵への評価に頷くとともに、その数日前の『マツコ会議』(日本テレビ系)に阿佐ヶ谷姉妹が出ていたことを知り、慌てて視聴。『のほほんふたり暮らし』をきっかけに、すっかり阿佐ヶ谷姉妹が気になる存在になってきている。

 第2話「一気はノンノン、メンズノンノンよ」では、エリコ(木村多江)のアパートにミホ(安藤玉恵)が正式に引越してくることに。共同生活に胸を躍らせるエリコだったが、マイペースなミホは一人の時間が減ったせいで悪夢を見るようになる。一緒の向きに布団を並べていた2人だったが、ミホはエリコの顔が見たくないと布団を反対に敷き、そのことをきっかけにエリコはミホと距離を置くのだった。

 布団を反対向きにしたその理由を「ツライかしら」と話していたミホだったが、決してエリコのことを嫌いになったわけではない。ミホにとってのエリコの点数は「97点」。かけがえのない友人であり、気の合う相方に変わりはないが、一緒に住むことで一人になる時間が必要になったのだ。例えば、久しぶりに実家に帰った数日後にやってくるいいようのないストレス。誰にだって一人の時間はある程度必要だ(現在、阿佐ヶ谷姉妹は隣同士の部屋を借りて別々に暮らしている)。

 ミホの言葉を真に受けてしまったエリコは距離を置くことに。一人でお笑いライブの打ち上げに向かったミホを思い、エリコの妄想はむくむくと大きくなっていき、「見せかけ 見せかけ ビジネスシスターズ」とエリコの寂しがりが別人のミホを作り出していく。そんな2人のわだかまりが解けるのは、中華料理店「朝來」に一人入ったエリコに続いて、打ち上げに行ったはずのミホもやってくるシーン。「やめた。1人で行っても話す人いないし、お姉さんがいなきゃつまらないもの」ーーそんな何気ないミホの一言を、エリコはしみじみと噛みしめ泣きそうになるのをグッと堪える。寂しがりやのエリコとマイペースなミホ。似てるけどどこか違う、擬似姉妹のそれぞれの個性がはっきりと見える回でもある。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる