『じゃない方の彼女』破滅へのカウントダウン迫る 豊田裕大&東野絢香の掛け合いにも注目

『じゃない方の彼女』破滅が迫る?!

 大学の准教授・雅也(濱田岳)と天然魔性系女子大生・怜子(山下美月)がついに一線を超えてしまった『じゃない方の彼女』(テレビ東京系)第6話。

 そして、起き抜けに「あの、君には何と言ったらいいか……」と申し訳なさそうに背中を縮こめる雅也は失礼極まりないが、ここのところ立て続けにキャパオーバーな事態に見舞われ続けている“じゃない方”の彼には致し方ない部分もあるとも言える。

 ここは片桐(山崎樹範)の言う通りだ。「謝るってことは究極の自己満足だからだ。不倫が悪いことなんてあっちも百も承知なわけだ。それでも覚悟を決めて修羅の道を歩こうとした時に、こっちが取ってつけたような罪悪感を見せれば傷つくだろ」――雅也のヘタレぶりを見ていると片桐の話すことが真っ当にさえ思えてくる。

 もちろんこの雅也の様子に怜子は傷つき、幼なじみ・彩菜(東野絢香)の前では「私だって好きな人の前ではどうしていいか分からなくなる。頑張って普通の振りしてるだけだよ」と思わずこぼす。怜子にとって雅也は、昔どうしても欲しかったアニメのヒロインが付けていたペンダントであり、何枚も何枚もハガキを出しても当たらなかった、それでも諦め切れず嫌いになれなかった“である方”そのものなのだ。

 一方で彩菜は彼氏の誠(豊田裕大)が怜子沼にハマったのではないかと疑い始める。元々、思わせぶりな怜子の態度が苦手だとどことなく彼女を避けていたかのような誠だったが、あまり口数が多くない彼の苦手なものや、実は授業を休んだ友人の分のノートをとっていたりするさりげない優しさを見抜いてくれていた怜子に驚き、見直す。何より自分自身が先入観や思い込みの下、怜子のことを判断していたことに気づいたのだろう。

 ただ、これが面白くないのは彩菜だ。以前「他の男子と違って誠の怜子沼にはまらないところが好き」だと話していた彼女からすれば、彼の少しの態度の変化にも敏感になってしまい焦燥感が募り、様々なあらぬ疑惑が頭を過ぎるようだ。彩菜も怜子といる限りは“じゃない方”である自分を常に突きつけられてきたのだろう。だからこそ、誠はそんな怜子よりも自分を好んでくれた貴重な人物で、“彼氏”という関係以上に彼女自身のアイデンティティを保つためにも必要不可欠な存在なのだろう。そんな誠がよりにもよって、自分のことを散々“じゃない方”に追いやってきた怜子に心惹かれているかもしれないとなれば、そりゃあ突然家に押しかけて真相を確かめずにはいられなくなるほどの一大事だ。それくらい、この問題は、“じゃない方”である彩菜にとっては死活問題なのだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる