『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』12月17日公開へ 2071年のライダーも登場!?

  仮面ライダー50周年記念映画『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』が12月17日に公開されることが決定。ティザービジュアルと超特報も公開された。

 現在、毎週日曜午前9時よりテレビ朝日系にて放送中の『仮面ライダーリバイス』では、主人公の五十嵐一輝(前田拳太郎)が自分の家族を守るために、一輝に宿る悪魔のバイス(声・木村昴)と契約を結び、一輝は仮面ライダーリバイに、バイスは仮面ライダーバイスに変身するという人間と悪魔がバディを組んだ仮面ライダーが登場。本作では、そんな『仮面ライダーリバイス』を中心に、さまざまな時代の仮面ライダーが出演する。

 ティザービジュアルは「時代を超えた、100年に一度の<変身>」というキャッチコピーに、各時代を背負い戦ってきた仮面ライダーたちの勇ましい姿が。さらに、1971、2021、2071の3つの数字が特徴的なビジュアルになっている。1971、2021、2071の数字は西暦を表し、「2021」には2021年現在放送中の『仮面ライダーリバイス』の仮面ライダーリバイと8月まで放送されていた仮面ライダーセイバーの2体が並ぶ。「1971」には1971年4月3日より放送された当時の仮面ライダーの姿も。一方、「2071」には怪しげな光を放ち、シルエットで浮かび上がる謎の仮面ライダーが。100年間に渡る壮大なストーリーを予感させる。

『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』超特報

 超特報映像は、「2021年冬――壮大なスケールで描かれる超大作、誕生。」とセンセーショナルなテロップと音楽で始まる。仮面ライダーたちのアクションシーンや壮大な爆発シーンが続くのかと思いきや場面は一転。光が飛び交う近未来的な空間に現れた、いつもと変わらない様子の仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイス。「マジかよ! 俺っちが主役だってー!」と映画化に浮かれながらはしゃぐバイスに対し、「おい! ちゃんと宣伝するって約束しただろ!」とリバイは呆れながら突っ込む。懲りないバイスはしまいには「みんな聞いて! ~今度の映画はね~100年後の未来から50年前の……」と、特報映像でネタバレを始めようとし、リバイが「バイス! それはネタバレっていうんだよ」と阻止する場面も。仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスのコミカルな掛け合いが堪能できる。

■公開情報
『仮面ライダー ビヨンド・ジェネレーションズ』
12月17日(金)全国公開
配給:東映
(c)2021「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会
「ビヨンド・ジェネレーションズ」製作委員会
(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映
公式サイト:http://kamenrider-winter.com/
公式Twitter:@toeiHERO_movie

■放送情報
『仮面ライダーリバイス』
テレビ朝日系にて、毎週日曜9:00~9:30放送
出演:前田拳太郎、木村昴(声の出演)、日向亘、井本彩花、濱尾ノリタカ、関隼汰
原作:石ノ森章太郎
脚本:木下半太
音楽:中川幸太郎
プロデューサー:井上千尋(テレビ朝日)、水谷圭(テレビ朝日)、望月卓(東映)
アクション監督:渡辺淳(ジャパンアクションエンタープライズ)
特撮監督:佛田洋(特撮研究所)
監督:柴崎貴行
制作:テレビ朝日、東映、ADK EM
公式ホームページ:https://www.kamen-rider-official.com/revice
公式Twitter:https://twitter.com/toei_revice50
テレビ朝日公式ページ:https://www.tv-asahi.co.jp/revice/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる