『死霊伝説』シリーズの前日譚 エイドリアン・ブロディ主演『チャペルウェイト』配信決定

『死霊伝説』シリーズの前日譚配信決定

 スティーヴン・キング原作の小説に基づいたドラマ『チャペルウェイト 呪われた系譜』が、Amazon Prime Videoチャンネル「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて12月1日より独占日本初配信、「BS10 スターチャンネル」にて12月21日より日本初独占放送されることが決定。あわせて予告編と場面写真が公開された。

 スティーヴン・キングが大学時代に執筆し、1978年出版の短編集『深夜勤務』に収録された短編小説『呪われた村(ジェルサレムズ・ロット)』に基づき、映画『死霊伝説』シリーズの前日譚に当たるストーリーとして、新たなキャラクター設定と脚色でドラマ化する本作。幼い頃父親に殺されかけたトラウマに苦しむ主人公が、親族の屋敷を相続したことで一族の秘密を知り、代々受け継がれた呪いから家族を解放するため戦うさまを描く。

 プロデューサーのドナルド・デ・ラインがスティーヴン・キングに共有した脚本を気に入って制作を承認。初回放送後には「私が大学時代に書いた小説を素晴らしい形で、より不気味に脚色してくれた」とTwitterで絶賛した。

 1850年、捕鯨船の船長チャールズ・ブーン(エイドリアン・ブロディ)は最愛の妻を病で亡くしたのを機に陸に戻り子育てをすることを決意し、いとこスティーヴンがメーン州の小さな町に遺した屋敷「チャペルウェイト」に移り住むが、スティーヴンらを知る町の住民からはブーン家は疫病神だと冷たく迎えられる。一方、幼少時のトラウマからウジ虫の幻覚に悩まされているチャールズはいとこらのことを調べるうちに一族のある秘密を知る。

 エイドリアン・ブロディが、過去のトラウマに苦しみながらも度重なる困難から3人の子供たちを守ろうと必死で戦うシングルファーザーで出演。主役のオファーを受けた時ヒマラヤ山脈を登山中だったというブロディは、チャールズというキャラクターの深さに惹かれ出演を決めたとインタビューで明かしている。製作総指揮も務めた彼は、19世紀のニュー・イングランドが舞台のゴシックホラーでありながら、小さな町のアウトサイダーである一家を通して人種差別やヘイトクライムなど現代にも通じる問題を盛り込み、視聴者が共感できる作品にしようと心掛けたと語る。ウジ虫の幻覚に悩まされる主人公の苦悩と恐怖をリアルに表現したかったブロディが実際に大量のウジ虫を入れたバスタブに入り、CGの選択肢もあったのに敢えて生きたウジ虫を実際に鼻に入れることを選んだという体当たりの演技をい披露している。

『チャペルウェイト 呪われた系譜』予告

 また、エミリー・ハンプシャーが、小説のネタ探しという不純な動機でブーン家の家庭教師になるものの、自分の生き別れた父親もブーン家と関わりがあったことを知りつつ、一家の味方となって共に戦う強く聡明なレベッカ役を演じる。

『チャペルウェイト 呪われた系譜』場面写真はこちら

■爆組情報
海外ドラマ『チャペルウェイト 呪われた系譜』(全10話)
「スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」にて、12月1日(水)より先行配信、12月24日(金)より全話配信
・字幕版
「BS10 スターチャンネル」にて、12月21日(火)より毎週火曜23:00〜放送
※12月19日(日)17:00〜第1話先行無料放送
・吹替版
「BS10 スターチャンネル」にて、12月24日(金)より毎週金曜22:00〜放送
原作:スティーヴン・キング
脚本:ピーター・フィラルディ、ジェイソン・フィラルディ
製作総指揮:エイドリアン・ブロディ、ドナルド・デ・ライン、ピーター・フィラルディ、ジェイソン・フィラルディ兄弟、バー・ステアーズ
製作:EPIX Studios
監督:バー・スティアーズ、ジェフ・レンフロー ほか
出演:エイドリアン・ブロディ、エミリー・ハンプシャーほか
(c)2021 Sony Pictures Entertainment. All Rights Reserved.
公式サイト:https://www.star-ch.jp/drama/chapelwaite/sid=1/p=t/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「海外ドラマ情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる