ダコタ・ジョンソンが語る役への想い 『Our Friend/アワー・フレンド』本編映像公開

『Our Friend』本編映像

 10月15日公開の映画『Our Friend/アワー・フレンド』より、本編映像とダコタ・ジョンソンからのコメントが到着した。

 本作は、2015年に『Esquire』誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化した人間ドラマ。2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは……。

 マット役を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック、妻ニコル役を『フィフティ・シェイズ』シリーズや『サスペリア』のジョンソンが担当。そして2人の親友デインを『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲルが演じた。

映画『Our Friend/アワー・フレンド』本編映像

 このたび公開された本編映像では、母親ニコル役のジョンソンが愛する娘たちとかけがえのない時間をかみしめ、愛情深いまなざしを向ける。娘たちが大好きなペディキュアを塗るちょっとしたコツやアイロンのかけ方を教えるなどいつもの夜のささやかな一コマだ。そんな中でトラブルが発生。娘がアイロンで火傷をしてしまう。騒ぎを聞いたデインは、故意ではないと分かっていてもやり場のない怒りが込み上げる長女に、マットは落ち込むニコルのもとへ駆けつける。そしてニコルはついに娘たちに自身のことを打ち明ける決意をするのだった。

 ジョンソンはこの役柄を通して「この物語から気持ち的に落ち込むということはなく、むしろ明るいものを感じることができました。途中涙が止まらなくなりましたがそれは癒しの涙でもありました。そしてもっと周りのみんなにありのままを見せ、繋がりを持ちたいと思うようになりました」「自分が生きる意味は、自分を含めて人を愛すること―この信念を持ち続けてきましたが、ニコルという役柄を経て、さらにこの思いを強く感じるようになりました」と振り返る。

 この作品がきっかけで、今まで以上に頻繁に友人たちと連絡を取るようになったと、共演したシーゲルと共に語るジョンソン。「他の人たちにとっては些細なことだと思われてしまうとしても、続けることが大事だと気づきました。マットもデインに思いを伝えますが、多くの人はこの声掛け段階で怖気づいてしまうのだと思います。みんな自分の弱みも含め、ありのままの姿をオープンに話すことや誰かに拒絶されることは怖いと思うから。それでも、私はその人に自分の気持ちをすべて注ぎ込みたい。相手がどう受け取ったとしても、私は人を愛し、そして助けたいと思っているんです」と自身の考えを述べた。

20211006_ourfriend_sub01
20211006_ourfriend_sub03
20211006_ourfriend_main-1
previous arrow
next arrow
20211006_ourfriend_sub01
20211006_ourfriend_sub03
20211006_ourfriend_main-1
previous arrow
next arrow

■公開情報
『Our Friend/アワー・フレンド』
10月15日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
出演:ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ、グウェンドリン・クリスティー
監督:ガブリエラ・カウパースウェイト
脚本:ブラッド・イングルスビー
原作:マシュー・ティーグ『The Friend: Love Is Not a Big Enough Word』
配給:STAR CHANNEL MOVIES
2019年/米/英語/126分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美/G
(c)BBP Friend,LLC–2020
公式サイト:https://our-friend-movie.com/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる