ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン共演『Our Friend』公開へ 予告編&ポスターも

C・アフレック主演『アワー・フレンド』公開

 ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲルの共演作『Our Friend/アワー・フレンド』が10月15日に公開されることが決定し、あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。

 2015年に『Esquire』誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化した本作。2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活、3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは。

 監督を務めたのは、水族館のシャチとショービジネスについて描いたドキュメンタリー映画『Blackfish(原題)』で英国アカデミー賞ノミネートを果たしたガブリエラ・カウパースウェイト。マット役を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したアフレック、妻ニコル役を『フィフティ・シェイズ』シリーズや『サスペリア』のジョンソン、そして2人の親友デイン役を『ザ・マペッツ』のシーゲルが務める。

 公開されたポスターには、ジャーナリストのマット、舞台女優のニコル、スタンドアップコメディアンを夢見るデインの姿に、3人の胸の内を覗くかのような「人生はフェアじゃない。だけど美しい」というコピーが添えられている。

『IT’S A SIN 哀しみの天使たち』予告編

 予告編では、ニコルが余命宣告を受けた時からそれぞれの生活は一変するも3人の変わらない関係が映し出される。マットとニコルのそばに居続け、存在感が光る親友デイン。「(マットとデインは)夫婦かと思うくらい仲がいいの」とニコルに言わしめ、子供たちは、ときに父親以上に一緒の時間を過ごすデインに親愛の情に満ちた笑顔を向ける。突飛でユーモア溢れるニコルのバケットリストを前にマットとデインは顔を見合わせ、頭を悩ませる。そんないくばくもなく、かけがえのない日々が自然豊かなアラバマ州・フェアホープの街並みとともに映し出され、互いに支え合う彼らの姿が心に残る予告編となっている。

■公開情報
『Our Friend/アワー・フレンド』
10月15日(金)公開
出演:ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ、グウェンドリン・クリスティー
監督:ガブリエラ・カウパースウェイト
脚本:ブラッド・イングルスビー
原作:マシュー・ティーグ『The Friend: Love Is Not a Big Enough Word』
配給:STAR CHANNEL MOVIES
原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美
(c) BBP Friend, LLC – 2020
公式サイト:https://our-friend-movie.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる