『Our Friend/アワー・フレンド』デジタル版ポスター公開 瀧本美織ら著名人コメントも

 10月15日公開の映画『Our Friend/アワー・フレンド』のオンライン限定デジタルポスターが公開された。

 本作は、2015年『Esquire』誌に掲載され全米雑誌大賞を受賞したエッセーを映画化したもの。2人の幼い娘を育てながら懸命に毎日を送っていたジャーナリストのマット(ケイシー・アフレック)と妻で舞台女優のニコル(ダコタ・ジョンソン)は、ある日突然告げられたニコルへの末期がんの宣告で生活が一変してしまう。妻の介護と子育てによる負担がマットに重くのしかかる中、過去に生きる希望を失いかけた時に2人から心を救われた親友デイン(ジェイソン・シーゲル)が一家を支えるためやってくる。2年にも及ぶ闘病生活。3人の想いと苦悩が交差する中で彼らが見つけた希望とは……。

 マット役を『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したケイシー・アフレック、妻ニコル役を『フィフティ・シェイズ』シリーズ、『サスペリア』『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』のダコタ・ジョンソンが務める。そして2人の親友デインを『ザ・マペッツ』のジェイソン・シーゲルが演じた。

 公開されたオンライン限定ポスターでは、母親ニコル役のジョンソンが愛おしそうに娘たちを抱きしめる様子が切り取られている。

 また、各界の著名人よりコメントが到着。今回コメントを寄せたのは、LiLiCo、瀧本美織、鎌田實、きむらかずよ、立田敦子の5名。本作をいち早く鑑賞しての感想を語っている。

コメント

LiLiCo(映画コメンテーター)

過去の感謝も今の気持ちも 彼を自然と動かす。
こんな友達が欲しい、こんな友達でいたい。心の底からそう思いました。涙腺崩壊!

瀧本美織(女優)

人生の酸いも甘いも凝縮されているのに、観た後には美しさだけが残っています。
切ないけれど何度も観たくなるくらい、人生において大切なことが詰まっている映画だと思いました。

鎌田實(医師・作家)

泣いた、泣いた。この親友すご過ぎ。
友達、コロナ禍の今だからこそ、大事なんだと思った。この映画にぼくの心は洗われた!

きむらかずよ(イラストレーター)

絶望の淵に立った時、誰かが支えてくれること それだけで絶望も越えられると感じた。
映画を見終わっても余韻が頭から離れない。自分の人生を見つめたくなる深いストーリーこれはキレイゴトではない。でもかけがえのない日常はそれだけで美しいと思った切なすぎて何度も涙が溢れた でも身近な大切な人にありがとうと伝えたくなった。

立田敦子(映画ジャーナリスト)

理屈ではなく、人間的な感情や心の機微を見つめることで、人と人とのつながり、絆を描く深みのある作品。本物の愛も友情には、ある種のミステリーが宿る。

■公開情報
『Our Friend/アワー・フレンド』
10月15日(金)新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー
出演:ケイシー・アフレック、ダコタ・ジョンソン、ジェイソン・シーゲル、チェリー・ジョーンズ、グウェンドリン・クリスティー
監督:ガブリエラ・カウパースウェイト
脚本:ブラッド・イングルスビー
原作:マシュー・ティーグ『The Friend: Love Is Not a Big Enough Word』
原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美
配給:STAR CHANNEL MOVIES
2019年/米/英語/126分/カラー/ビスタ/5.1ch/原題:Our Friend/字幕翻訳:神田直美/G
(c)BBP Friend,LLC–2020
公式サイト:https://our-friend-movie.com/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる