渡邉大輔、初の評論集『明るい映画、暗い映画』刊行へ 現代映画を捉える画期的論考

 批評家・渡邉大輔の初の評論集『明るい映画、暗い映画 21世紀のスクリーン革命』が、10月3日(予定)に「リアルサウンド映画部」運営元・blueprintより刊行される。

 同著は、気鋭の批評家・映画史研究者である渡邉大輔による初の評論集。インターネット、スマートフォン、SNS、Zoom、VR、AR、GoPro……新たなテクノロジーによって21世紀の映画はどのように変容したのかを考察する、2021年ならではの映画批評となっている。

 「明るい画面」と「暗い画面」という見立てから、これからの映画の可能性を読み解く画期的論考を収めた第1部、『君の名は。』『天気の子』『鬼滅の刃』『ドライブ・マイ・カー』など、話題のアニメ・映画を鋭く論じた第2部、合計328ページのボリュームとなる。

 なお、blueprint book storeでは数量限定の付録として、本著でも論じられている深田晃司監督と渡邉の対談を収めた小冊子を付ける。作家、批評家それぞれの立場から現代における映画のあり方を語り合う、充実の内容となっている。

目次

まえがき

第1部:新しい画面の映画論
・「明るい画面」の映画の到来
・Zoom映画と切り返しの問題
・現代映画の「暗さ」と接続/断絶の問題
・現代アニメ文化における高さ=超越性の喪失
・「明るい画面」の映画史に向けて
・20世紀の「画面」の映画史

第2部:画面たちの星座(コンステラツィオーン)
・21世紀映画のインフラストラクチャー
・変容する現代日本アニメ
・スタジオジブリとその周辺

あとがき

■書籍情報
『明るい映画、暗い映画 21世紀のスクリーン革命』
著者:渡邉大輔
発売日:10月3日予定
ISBN 978-4-909852-19-9 C0074
仕様:四六判/327ページ
定価:2,750円(本体2,500円+税)
出版社:株式会社blueprint
Amazonリンク:こちら
blueprint book store:https://blueprintbookstore.com/items/613ec54247a53464eff127b9
※blueprint book store限定付録として、深田晃司監督と渡邉大輔の対談を収めた小冊子付き。
※9月30日まで予約した場合、送料が300円になるキャンペーン中。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる